Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2月下旬より「Emotet」のC2通信急増 - 平日多く、週末に低下

インターネットイニシアティブ(IIJ)は、マルウェア「Emotet」の感染動向について明らかにした。2月下旬より外部サーバと「Emotet」の通信が大きく増加している。

同社のセキュリティオペレーションセンターにおける1月25日から3月7日にかけての観測動向について取りまとめたもの。「Emotet」のコマンド&コントロールサーバに対して通信を行うIPアドレスの増減について調べた。

C&Cサーバに対するアクセスは2月2日より観測されているが、2月後半より急増。同期間中に観測されたIPアドレスの約7割が2月24日以降に観測されたものだという。

2月25日に目立った増加を見せ、土日をはさんで週明け2月28日以降、高い割合で推移している。週末は件数が減少する傾向が見られ、事業活動が活発となる平日に多く観測された。

20220310_ii.jpg
「Emotet」がC&CサーバへアクセスしたIPアドレスの対象期間における割合(グラフ:IIJ)

(Security NEXT - 2022/03/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

J-CSIP、標的型攻撃情報29件を共有 - FAX起点とするBECも
2022年1Qのセキュ相談、前四半期比4割増 - Emotet関連が約54.7倍
「Emotet」相談、前月の約7倍に - 自然な日本語と具体的な指示で信用させる文面も
不正送金マルウェアの検知数が大きく減少
J-CSIPへの情報提供、76%減 - 標的型攻撃は5件
HTTPS通信の脅威遮断、前年比3.1倍に - 約9割がマルウェア
IPA、2021年前半の被害届出127件を公開 - ランサムや認証突破など
2021年1Qの標的型攻撃メール報告は13件 - 「Emotet」関連報告は収束へ
ウイルス届け出、前年比73.4%増 - 「Emotet」など被害も
2020年の緊急対応支援、3割強が「Emotet」 - ラック