Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシング悪用ブランド、「au」が世界2位 - 「Emotet」国内活動は7割減

仏Vadeは、2022年第2四半期に同社で検知したフィッシング攻撃やマルウェアメールの状況を取りまとめた。グローバル全体から見てもKDDIのブランド「au」を悪用する攻撃が目立っているという。

同社によれば、同四半期に同社が検出したフィッシングメールは1億5460万件。4月に3660万件、5月に4100万件、6月に7700万件と後半に向けて増加が見られた。2022年は1月に1億件以上を観測し、翌2月には2000万件ほどに減少したが、以降は増加傾向が続いている。

もっとも悪用が多かったブランドは「Facebook」。次いで「au」が多かった。さらに「Microsoft」「Credit Agricole」「WhatsApp」と続く。

悪用が多かった上位25ブランドにおいて、国内ブランドは「au」以外にも「クレディセゾン(16位)」「楽天(18位)」が見られた。

フィッシングサイトの件数を業界別に比較すると、「金融サービス」がもっとも多く、同社が検出したフィッシングURLの31%を占めた。次いで「ソーシャルメディア(23%)」「インターネット、通信事業(20%)」「クラウド(17%)」「eコマース、ロジスティクス(8%)」と続く。

(Security NEXT - 2022/09/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サポート詐欺被害、PCを遠隔操作される - 足立東部病院
「Firefox 123」が公開 - 12件の脆弱性を修正
「ConnectWise ScreenConnect」に深刻な脆弱性 - ランサム攻撃にも悪用
メール送信時の人為ミスで関係者のアドレス流出 - 日本財団学生ボランティアセンター
ワークフロー管理の「Apache DolphinScheduler」に脆弱性
SonicWall「SMA 100シリーズ」の多要素認証機能に脆弱性
一部SonicWall製ファイアウォールの「SSL VPN機能」に脆弱性 - 認証バイパスのおそれ
Atlassian、「Confluence」など複数製品にセキュリティアップデート
GitLabが2月2度目のアップデート、脆弱性やバグに対応
ランサムリークサイト、年間約4000件の投稿 - 身代金支払うも約2割で反古