Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Emotet」感染で職員装うメール - 日本気象協会

日本気象協会は、マルウェア「Emotet」に感染し、職員を装った「なりすましメール」が送信されていることを明らかにした。

同協会によれば、業務で使用するパソコンがマルウェア「Emotet」に感染したもので、端末よりメールアドレスなどが抜き出され、「なりすましメール」に悪用された可能性があるという。

問題の「なりすましメール」は同協会の職員を名乗り送信されているもので、同協会のドメインとは異なるメールアカウントから送信されていた。送信元として同協会の正しいメールアドレスを詐称するケースも確認されている。

さらにメールにはzipファイルが添付されており、メール本文にはファイルの開封パスワードと開封を促す文章が記載されていいた。

またメールの文末には署名に見せかけ、市外局番「044」から始まる電話番号やファックス番号、携帯電話番号のほか、同協会職員のメールアドレスを記載している場合があるという。

同協会では、なりすましメールを受け取った場合は、添付ファイルや本文中のURLなどを開かず、メールごと削除するよう求めている。

(Security NEXT - 2022/03/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2022年4Qのセキュ相談 - 「偽警告」「不正ログイン」関連が増加
マルウェア感染でなりすましメールが送信 - 不動産仲介会社
政府、年末年始のセキュリティ対策で注意喚起
業務PCが「Emotet」感染、個人情報が流出 - 保険代理店
年末年始に向けてセキュリティ体制のチェックを
W杯関係者を狙うサイバー攻撃、10月より大幅増加
活動再開の「Emotet」、1日あたり約十万件の攻撃メールを配信
個情委への漏洩報告が約3倍に - 医療機関や不正アクセスなどに起因
漁協直売店で「なりすましメール」 - 8月の「Emotet」感染が原因か
和歌山県、県民プール装うメールに注意喚起 - 以前のEmotet感染と関連は不明