Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トヨタ、国内の全製造ラインを一時停止 - 部品供給元へのサイバー攻撃で

小島プレス工業の工場内で部品の製造に用いる生産制御システムは、サイバー攻撃の影響を受けておらず、2月28日はネットワーク遮断前に授受したデータをもとに生産を継続。

しかしながら、3月1日については供給先や材料のサプライヤーとデータの授受が行えないことから事前に取引先へ連絡を取り、生産を見合わせた。これを受けるかたちでトヨタも同日の工場稼働を停止。経済産業省などへの報告も行っている。

小島プレス工業では、トヨタやセキュリティベンダーの協力のもと、復旧作業を進めている。完全復旧の見通しは立っていないが、生産の継続に向けて暫定的なネットワークを用意。取引先とデータの授受を行える環境が整ったとして3月2日より生産を再開する。トヨタでも同日より生産ラインを稼働する予定。

トヨタでは、今回の操業停止により、約1万3000台の生産に影響が出た。これまで同社は、3月にグローバルで95万台程度を生産するとしてきたが、3月1日の時点で月産目標の修正はないとしている。

(Security NEXT - 2022/03/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ランサム被害の鳴門山上病院、通常診療を再開
ニチリン米子会社でランサム被害 - ウェブの閲覧障害も
サーバにサイバー攻撃、情報流出の痕跡見つからず - 長栄
電子カルテや院内システムがランサム被害 - 鳴門山上病院
ランサム攻撃でサーバ内のデータが暗号化 - 帰国子女向け教育サービス
「ICTサイバーセキュリティ総合対策2022」の策定に向け意見募集 - 総務省
FRONTEO米子会社、複数サーバがランサム被害 - メールシステム脆弱性を悪用か
会員サービスで個人情報を誤表示、原因はアップデートによるエラー - H&M
勤怠システムがランサム被害、総当たり攻撃で侵入か - ヴィアックス
印刷通販サイトの情報流出 - 外部調査であらたな対象者が判明