Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トヨタ、国内の全製造ラインを一時停止 - 部品供給元へのサイバー攻撃で

トヨタ自動車は、部品供給元でマルウェアに起因するシステム障害が発生したことを受け、3月1日に国内工場の全製造ラインを一時停止した。翌2日より再開となる見込み。

同社にサイドモールやコンソールボックスなど樹脂部品を納入している小島プレス工業がサイバー攻撃を受けて部品の供給が滞ったことから、3月1日における国内全14工場にある28の生産ラインについて稼働を停止したもの。

小島プレス工業では、2月26日深夜にファイルサーバで障害を検知。再起動したところマルウェアの感染や脅迫メッセージを確認した。複数サーバで被害が発生したが、マルウェアの種類や脅迫の内容、影響の範囲など詳細については調査を進めている。

同社はサイバー攻撃発覚後、ネットワークを遮断して全サーバを停止。2月27日に一部復旧するも、生産や事務に関わるシステム、メール、ウェブサーバなどが利用できない状態が続いている。

(Security NEXT - 2022/03/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

日経新聞の海外現地法人がランサム被害 - 原因や影響を調査中
東映アニメの障害、原因はランサム - ソフトダウンロード契機に攻撃展開
ファイルサーバへのサイバー攻撃、海外子会社経由で - 沖電気
サイバー防御演習「CYDER」の受講申込受付を開始 - NICT
FRONTEO米子会社にサイバー攻撃 - DC上のデータがランサムウェアの標的に
しまむら、サイバー攻撃でシステム障害 - 全店舗の一部サービスに影響
J-CSIP、標的型攻撃情報29件を共有 - FAX起点とするBECも
法人向けIoT機器の悪用によるサイバー攻撃防止を啓蒙するサイトを公開 - ICT-ISAC
政府、大型連休における対策徹底呼びかけ
サイバー攻撃の侵入経路、VPN脆弱性の可能性 - 日邦産業