Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トヨタ、国内の全製造ラインを一時停止 - 部品供給元へのサイバー攻撃で

トヨタ自動車は、部品供給元でマルウェアに起因するシステム障害が発生したことを受け、3月1日に国内工場の全製造ラインを一時停止した。翌2日より再開となる見込み。

同社にサイドモールやコンソールボックスなど樹脂部品を納入している小島プレス工業がサイバー攻撃を受けて部品の供給が滞ったことから、3月1日における国内全14工場にある28の生産ラインについて稼働を停止したもの。

小島プレス工業では、2月26日深夜にファイルサーバで障害を検知。再起動したところマルウェアの感染や脅迫メッセージを確認した。複数サーバで被害が発生したが、マルウェアの種類や脅迫の内容、影響の範囲など詳細については調査を進めている。

同社はサイバー攻撃発覚後、ネットワークを遮断して全サーバを停止。2月27日に一部復旧するも、生産や事務に関わるシステム、メール、ウェブサーバなどが利用できない状態が続いている。

(Security NEXT - 2022/03/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サイバー攻撃で一部メール消失、詳細を調査 - 日本臓器移植ネットワーク
「サイバーセキュリティ月間」がスタート - 日米豪印による連携も
委託先にサイバー攻撃、顧客などへ脅迫メール届く - 北関東マツダ
多数システムでランサム被害、復旧や事業継続に追われる - ならコープ
正規の「リモート管理ソフト」が攻撃者のバックドアに - 米政府が警戒呼びかけ
業務システムで顧客情報流出の可能性、サイトは再開 - アダストリア
米政府、「ManageEngine」の脆弱性に対する攻撃に注意喚起
2022年のサイバー攻撃、前年比38%増 - 教育分野への攻撃増加
サイバー攻撃やセキュリティ対策の体験施設 - 日本情報通信
取材や講演会依頼装う標的型攻撃 - 「コロナで中止」とつじつま合わせ