Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大手でCEO直属のCISOが増加 - 米国では4割超に

CEOに直属するCISOが増加しており、米国では42%にのぼった。2019年の32%から10ポイント上昇している。

グローバルを見ても33%と3分の1がCEOに直属しており、事業活動に対するセキュリティ対策の透明性やさまざまな職務レベルとの関与について向上を図っている。

あらたなテクノロジーを採用する上での原動力としても64%が「セキュリティの能力」、59%が「プライバシー機能の強化」を挙げており、「コンプライアンス能力の実践(50%)」「業務効率とインテリジェンスの改善(45%)」が続いている。

(Security NEXT - 2021/11/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アフターコロナ、テレワーク中心を望む声は約2割 - デル調査
偽ECサイトの通報件数が増加 - マッチングアプリやSNSで異性から勧められたケースも
「スマートシティセキュリティガイドライン」1年待たず改定
2025年のセキュリティサービス市場は1兆円超に - IDC予測
約3分の1の企業がIoTやOTでセキュリティ事故を経験
3割がセキュ投資増額、56.3%で被害経験 - IDC調査
セキュ担当者の6割強が「ゼロトラスト」を理解していると回答
CEO半数弱が「サイバー攻撃の脅威」に懸念 - PwC調査
テレワークのセキュ課題、投資増とガバナンス - IPA調査
ランサム攻撃受けた国内企業の約3割が身代金払う - 平均1.23億円