Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱な「GlobalProtect VPN」、国内で400台以上が稼働か - 悪用開始前に対応を

Palo Alto Networksのファイアウォールに搭載されている「PAN-OS」の一部バージョンに深刻な脆弱性「CVE-2021-3064」が明らかとなった問題で、すでに攻撃対象となりうる環境の探索行為が観測されている。いざ悪用が開始されると、非常に煩雑な対応が必要になるとして、早期の対応が呼びかけられている。

同脆弱性は、「GlobalProtect Portal」「Gateway Interfaces」に明らかとなった脆弱性。インターネット
に公開することが多いVPNポータルに関する脆弱性で、リモートよりroot権限でコードを実行されるおそれがある。「CVSSv3」のベーススコアは「9.8」。

マクニカによると、脆弱性の悪用は確認されていないが、「GlobalProtect」の利用状況を探索する動きが観測されているという。

同社が脆弱性検索サイトの「Shodan」を確認したところ、脆弱性が含まれるバージョンはグローバルで6811台が登録されていた。このうち422台は国内のサーバで米国の2411台に次いで多かったという。

脆弱性の影響を受けるか不明だが、サポート切れのバージョンで稼働しているサーバもグローバルで2826台が登録されており、このうち169台は国内のものだった。

(Security NEXT - 2021/11/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

スモールビジネス向けCisco製ルータに深刻な脆弱性 - 遠隔よりコードを実行されるおそれ
「Cloudflare Zero Trust」にセキュリティ機能バイパスのおそれ
機密情報管理のHashiCorp製「Vault」に脆弱性 - データ消失のおそれ
Google、「Chrome 104」をリリース - セキュリティに関する27件の修正を実施
VMwareのID管理製品に再び深刻な脆弱性 - 早急に更新の実施を
「GnuTLS」に脆弱性 - アップデートがリリース
ニンテンドーのWi-Fiアダプタに2件の脆弱性 - 利用中止を
「Samba」に複数の脆弱性 - ドメインを乗っ取られるおそれも
複数のAtlassian製品に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
「一太郎Pro」「ATOK」など法人向けジャストシステム製品の同梱プログラムに脆弱性