Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

パロアルトの「GlobalProtect VPN」に深刻な脆弱性 - 12月に詳細が公開予定

Palo Alto Networksのファイアウォールに搭載されているOS「PAN-OS」に8件の脆弱性が明らかとなった。一部バージョンのVPN機能に明らかとなった脆弱性は深刻な影響を及ぼすおそれがある。発見したベンダーは12月に詳細な技術情報を公開するとしており、早急に対策を講じる必要がある。

同OSの「GlobalProtect Portal」「Gateway Interfaces」に明らかとなった「CVE-2021-3064」をはじめ、8件の脆弱性が明らかとなったもの。7件の脆弱性は共通脆弱性評価システム「CVSSv3」のベーススコアが「7.0」以上と評価されている。

なかでも「CVE-2021-3064」は「9.8」と高く、ウェブインタフェースの「XML API」におけるコマンドインジェクションの脆弱性「CVE-2021-3058」や、「GlobalProtect」においてSAML認証を用いたクライアントレスVPNに明らかとなった「CVE-2021-3056」についても、「8.8」とレーティングされている。

脆弱性によって影響を受けるバージョンは異なるが、同社では最新となる「PAN-OS 10.1.3」「同10.0.8-h4」「同9.1.11-h3」「同9.0.14-h4」「同8.1.21」を提供している。

また今回公表された「GlobalProtect Portal」「Gateway Interfaces」に明らかとなった「CVE-2021-3064」については、特に大きな影響を及ぼすおそれがあり、今後詳細な情報が公開される予定となっていることから、注意喚起が行われている。

(Security NEXT - 2021/11/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Cisco、セキュリティアドバイザリ5件を公開 - DoS脆弱性などに対応
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - 最新版へ更新を
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュリティに関する4件の修正
個人情報含む手帳や職員の証票を紛失 - 都児童相談所
家禽飼養施設のFAXリストを誤送信 - 静岡県
ファンクラブ入会者情報が流出、フォーム設定ミスで - 鹿島アントラーズ
個人情報含む資料を誤廃棄、運搬中に落下して散乱 - 群馬県
短大生が職員チャットを無断閲覧、揶揄する内容も - 茨城県
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
「baserCMS」に脆弱性 - アップデートで修正を実施