Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

9月はECサイト装うフィッシングサイトが2.7倍に

BBソフトサービスによれば、9月はECサイトをかたるフィッシングサイトが大幅に増加した。直近1年を見ても高い水準となっている。

同社が、9月に同社製品を通じて検知したフィッシング詐欺サイトの状況を取りまとめたもの。なかでもECサイトをかたるフィッシングサイトは1453件で、前月の539件から2.7倍に増加した。

ここ直近1年間に1000件を超えることなく推移してきたが、9月に入って急増。比較的検知が多かった前年同月の851件と比較しても、1.7倍に拡大している。

フィッシングに悪用されたブランドを見ても、「Amazon」が最多となったほか、「ヨドバシカメラ」「楽天」などのECサイトも上位10ブランドに入っている。

なお、同社が検知したフィッシングサイトの上位10ブランドは以下のとおり。

第1位:Amazon
第2位:Vpass
第3位:三井住友カード
第4位:ヨドバシカメラ
第5位:ETC利用照会サービス
第6位:PayPay
第7位:au
第8位:PayPay銀行
第9位:楽天
第10位:NTTドコモ

(Security NEXT - 2021/10/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

HTTPS通信の脅威遮断、前年比3.1倍に - 約9割がマルウェア
10月のフィッシング、報告減少するもURLは増加
9月のフィッシングサイト、前月比約26%減 - やや落ち着くも高水準
フィッシング攻撃の模擬訓練でクリックが多かったカテゴリー
2021年3Qはインシデントが約25.9%増 - 「サイト改ざん」が倍増
コロナ禍で進む大学のデジタル化 - 4割強でトラブルを経験
JIPDECとフィ対協、メーラーの「S/MIME」対応状況を調査
2021年上半期の不正送金は376件 - 半数以上がOTP利用も被害
フィッシング報告が初の5万件超、毎分約1.2件 - URL数も記録更新
IPA、2021年前半の被害届出127件を公開 - ランサムや認証突破など