Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

コロナ禍で進む大学のデジタル化 - 4割強でトラブルを経験

McAfee Enterpriseは、大学や短大の教職員を対象に、所属組織におけるデジタル化の状況やセキュリティ意識に関するアンケートを実施し、結果を取りまとめた。

同調査は、9月22日から24日にかけて国内の大学院、大学、短大の教職員である20歳以上70歳未満の男女504人を対象にインターネットでアンケートを実施し、結果を取りまとめたもの。

デジタル化の状況を見ると、新型コロナウイルス感染症が拡大する以前では、「課題、申請などの提出方法のオンライン化」がもっとも進んでおり43.5%。「ペーパーレス化(42.1%)」が僅差で続いた。

「オンライン授業、オンラインゼミ(37.3%)」「オンライン会議の実施(33.5%)」「試験のオンライン化(16.9%)」「デジタル教科書の導入(8.1%)」といった声も聞かれる一方、「ひとつもない」とする回答が29.0%にのぼった。

一方、コロナ禍以降は、「オンライン授業、オンラインゼミ」が88.9%と52.6ポイント増加。「オンライン会議(80.2%)」「課題、申請などの提出(65.9%)」などもデジタル化が進んでいる。「ひとつもない」とする回答も5.6%に低下している。

20211011_ma_001.jpg
コロナ禍前後のデジタル化状況(グラフ:McAfee Enterprise)

(Security NEXT - 2021/10/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

9月のフィッシングサイト、前月比約26%減 - やや落ち着くも高水準
アフターコロナ、テレワーク中心を望む声は約2割 - デル調査
1割弱が無許可で自宅業務 - 4人に1人が顧客情報持出
2020年のフィッシング、3分の2が「HTTPS」対応 - 12月には半数超に
個人情報の漏洩や紛失などの報告、2020年度は4141件 - 個情委
セキュ担当者の6割強が「ゼロトラスト」を理解していると回答
フィッシングサイト、「偽Microsoft」が最多 - 「偽楽天」は3Qに急増
2020年4Qの標的型攻撃メールは16件 - 目的不明のバラマキ不審メールも
JNSAが選ぶ2020年10大ニュース、気になる1位は……
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査