Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サンドボックスなど利用したクラウド向け脅威対策サービス - NTT東

NTT東日本は、クラウドメールやクラウドアプリのセキュリティ対策を提供する「おまかせクラウドアップセキュリティ」を9月30日より提供開始する。

同サービスでは、基本メニューとしてクラウドメールやクラウドアプリの脅威対策を提供する。具体的には、クラウドメールのURLや添付ファイルに対し、サンドボックスで実行して脅威判定を実施。

またメールの送信元や返信先のメールアドレス、普段と異なる文章スタイルなど、学習したメールの特徴を用いて不審なメールを検出する「不正メール対策機能」を用意している。

さらにクラウドアプリにおけるマルウェアの検知、隔離、個人情報の可視化機能を提供。導入にあたってクラウドアプリへの連携作業の支援なども行う。

対象クラウドは「Microsoft 365」「Google Workspace」「Dropbox」「Box」など。10ライセンスプランの場合、月額利用料は1ライセンスあたり330円(税込み)。

運用をサポートするオプションとして、脅威検知状況のレポートサービス、運用ポリシーの変更代行、マルウェアの解析や感染時の遠隔駆除の支援といったメニューも用意。

あわせて「Microsoft 365」のメール利用者向けに、サイバー攻撃状況を無料で診断する「クラウドメールのセキュリティ無料診断」を提供する。

(Security NEXT - 2021/09/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

パロアルト、「Prisma Access」の新版を提供開始
顔認証によるショルダーハッキング対策製品、マスク着用に対応
IPA、「情報セキュリティ白書2022」を発売 - PDF版も同時公開予定
バックアップ製品に新版、ランサム対策も - ベリタス
シスコ、中小企業向けにセキュリティ対策の支援窓口
顔認証ログオンソフトに覗き込み検知機能 - NEC
侵害リスクの高い機器を特定するサービスを提供 - デロイトトーマツ
クラウド処理を活用、「PAN-OS 10.2 Nebula」をリリース - パロアルト
ECサイトの無償脆弱性診断を希望する中小企業を募集 - IPA
サプライチェーンのリスク調査サービスを提供 - ソリトン