Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ゲーム事業者への攻撃が増加 - ただしDDoS攻撃は減少

同社では、攻撃者がチャットアプリに開設したフォーラムなども把握しており、フォーラム上ではウェブアプリケーションに対する攻撃の自動化などについて情報を交換していた。セキュリティ専門家や実務者向けの著名なトレーニング教材の海賊版なども出回っていたという。

またゲーム事業者を対象としたパスワードリスト攻撃は、2020年に約108億5123万回を観測し、前年比224%増となった。同社サービス利用者の増加の影響もあるが、継続的に攻撃が観測されている。

大規模な攻撃が多いのも特徴で、1日に数百万回の高い頻度で発生しており、後半に向けて増加傾向が見られ、1日で約1億5742万回の攻撃を観測した日もある。100万件のアカウント情報が5ドルほどで販売されており、こうした情報が攻撃に活用されているという。

一方、ゲーム事業者に対するDDoS攻撃は前年から20%減となった。ただし、DDoS攻撃によるトラフィック全体の46%をゲーム事業者で占めており、引き続き警戒が必要だと指摘。ピーク時に412Gbpsのトラフィックが生じるなど、最大大規模の攻撃もモバイルゲーム事業者を対象にしていた。

(Security NEXT - 2021/07/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2021年上半期のサイバー犯罪検挙は5345件 - 高水準で推移
2月はクレカ会社のフィッシングサイトが1.3倍に - BBSSレポート
マルウェアとの遭遇率、3年で約半分に - MS調査
フィッシングサイトの割合増加 - 27%がHTTPS対応
不正アクセス禁止法違反による年間検挙は816件 - 前年比1.4倍
上半期の不正アクセス検挙182件 - 関係者の犯行が最多
不正ログインで狙われるゲームアカウント - RMTで換金
動画や音楽の配信サービス狙うPWリスト型攻撃、8カ月で116億件
2018年の「不正アクセス認知」1486件 - 前年比284件増
不正アクセスの検挙564件、目立つ脆弱PW狙い - ウイルス罪は68件