Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ゲーム利用者の約4割が複数ゲームアカウントでパスワードを使いまわし

オンラインゲーム利用者の約5人に1人が、マルウェアやアカウントに対する不正アクセスの検出などを経験する一方、約4割が複数のデバイスやアカウントでパスワードを使いまわしているとの調査結果をノートンライフロックが発表した。

同社が8月から9月にかけてオンライン調査を実施し、結果を取りまとめたもの。18歳以上の606人が回答した。男性の54%、女性の46%がオンラインゲームを利用しており、ゲーム利用者の23%はコロナ禍にゲームをはじめていた。

ゲーム利用者の45%は、「自分はゲーム関連の詐欺に巻き込まれることはない」と思っており、33%はゲームに利用するデバイスのセキュリティについて考えた経験がなかった。さらに22%はチートツールのインストール、21%はゲームの質やスピード向上のためにセキュリティ対策ソフトをアンインストールしたことがあるという。

一方、9%が「機器における悪意あるソフトウェアの検出」、7%は「アカウントへの不正アクセスの検出」など、22%は自分のデバイスやゲームアカウントに対する攻撃を受けた経験があると回答。攻撃を受けたとする回答者の42%は、金銭的な被害を受けたことがあると答えた。

またゲーム利用者の42%は、複数のゲームアカウントやデバイスで同じユーザー名を使用。41%が同じパスワードを使い回していた。

(Security NEXT - 2021/11/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

悪意あるファイルの検知、前年比5.7%増 - 1日平均約38万件
インシデント件数、前四半期から1割増 - 「マルウェアサイト」は3.4倍に
米政府、悪用済み脆弱性リストに15件を追加
ランサム攻撃を受けたらどうする? JPCERT/CCが初動対応FAQを公開
11月のDDoS攻撃は前月から微増、2.7時間にわたる攻撃も - IIJ調査
「Log4Shell」の悪用、国内でも多数検知 - 国内で被害も
11月のフィッシング攻撃、「報告件数」「URL件数」ともに高水準
10月のDDoS攻撃、前月から減少 - IIJまとめ
初期侵入「総当たり攻撃」と「脆弱性攻撃」で6割超 - カスペ調査
大手でCEO直属のCISOが増加 - 米国では4割超に