Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2021年上半期のサイバー犯罪検挙は5345件 - 高水準で推移

2021年上半期におけるサイバー犯罪の検挙件数は5345件で、前年同期から増加した。一方、不正アクセス禁止法違反の検挙件数は大きく減少している。

警察庁が2021年上半期におけるサイバー犯罪の検挙状況を取りまとめたもの。検挙件数は5345件で、前年同期の4361件から984件増加した。

2016年に8000件台前半、翌2017年には9000件を超えてその後も増加傾向が続いているが、2021年は前半の水準で推移すると初の1万件超となる可能性がある。

20210914_np_001.jpg
従来犯罪にインターネットが利用された「サイバー犯罪」の内訳(グラフ:警察庁)

5345件の内訳を見ると、「詐欺(1241件)」や「児童ポルノ禁止法違反(689件)」「青少年保護育成条例違反(517件)」など、従来の犯罪にインターネットを利用したものが4882件と多くを占めている。

一方、不正アクセス禁止法違反の検挙数は146件。前年同期の235件から大きく減少した。他人のパスワードを入力してサーバに侵入する「識別符号窃用型」が123件と84.2%を占めている。

(Security NEXT - 2021/09/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Drupal」に複数脆弱性 - サードパーティ製ライブラリに起因
悪意あるファイルの検知、前年比5.7%増 - 1日平均約38万件
ペット用品通販サイトに不正アクセス - 閉鎖直後に被害が判明
2021年4Qの脆弱性届出、ソフトとウェブともに減少
主任計量者の試験問題や個人情報含むUSBメモリを紛失 - 三重県
「LINE VOOM」で非公開の友だちに投稿を閲覧される不具合
F5がセキュリティアップデート - 脆弱性25件を修正
「Adobe Acrobat/Reader」のアップデートが公開 - 26件の脆弱性を解消
パーソナルデータ、4割弱が利用目的に関わらず「提供したくない」
Google、深刻な脆弱性に対処した「Chrome 97.0.4692.99」をリリース