Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Z世代の7割、スマホアプリでの個人情報登録に抵抗感

いわゆるZ世代において、約6割がスマートフォンのアプリ利用時にセキュリティを意識しており、約7割は個人情報の登録に対して抵抗感を持っているとの調査結果をラックが取りまとめた。

20220408_la_001.jpg
Z世代におけるセキュリティやプライバシーへの意識(グラフ:ラック)

同社が、2021年11月17日から11月21日にかけて、12歳から22歳のいわゆるZ世代を対象にスマートフォンアプリの利用時のセキュリティ意識についてアンケート調査をオンラインで実施し、結果を取りまとめたもの。500人が回答した。

スマートフォンで利用するアプリのジャンルは「ゲーム」がもっとも多く、「写真、ビデオ」「ミュージック」「ショッピング」「天気」と続いた。

アプリ利用時にセキュリティやプライバシーを意識しているか尋ねたところ、「意識している22.0%」「やや意識している(39.2%)」をあわせ、約6割が意識していると答えた。

一方「あまり意識していない」「意識していない」がそれぞれ9.4%。「どちらでもない」が20.0%だった。

アプリにおける個人情報の登録について抵抗感があるか聞いたところ、71.6%が「抵抗感がある」と回答。「抵抗感がない(28.4%)」を大きく上回った。

(Security NEXT - 2022/04/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

SNS利用者の約3割にリスクのある内容の拡散経験
ソフト全般「脆弱性」対策の必要性、PC利用者で約6割が認知
EC事業者の4社に1社、不正アクセスや不正注文を経験
ECサイトの情報流出被害、4割で1000万円超 - 責任範囲や技術の理解乏しく
約8割がスマホアプリ開発時などにセキュ対策 - 「自信ない」との声も
情シス担当者、「ゼロトラストを理解している」21%
「サイバーセキュリティ月間」が開始、マクロスとタイアップ - 「おぼえていますか」と対策をアピール
パーソナルデータ、4割弱が利用目的に関わらず「提供したくない」
年末年始の長期休暇に向けた準備を - 脆弱性やパッチ公開に注意を
4割強「コロナ禍でネットのトラブル増えた」