Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

1割弱が無許可で自宅業務 - 4人に1人が顧客情報持出

また「契約書、請求書、納品書(18.2%)」や「各種帳簿書類(18.2%)」も、前回調査から割合が倍増。「製品の仕様書、設計図、図面(16.4%)」なども、前回の9.0%から増加した。一方「持ち出したデータはない」との回答は、前回16.4%だったが、今回9.1%へと縮小した。

データの持ち出し方法を見ると、「会社支給の端末に保存」が50.0%で、USBメモリなど含む「記憶メディアに保存」が36.4%、「個人所有の端末に保存」が29.5%だった。

コロナ禍において、41.7%はセキュリティに関する意識が高まったと回答。企業においてセキュリティに関する研修や勉強会が実施されたとの回答は32.8%だった。

(Security NEXT - 2021/07/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

アフターコロナ、テレワーク中心を望む声は約2割 - デル調査
IPA、2021年前半の被害届出127件を公開 - ランサムや認証突破など
テレワークから業務環境へのアクセス、半数近くが「VPN」
巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
セキュ担当者の6割強が「ゼロトラスト」を理解していると回答
3月前半の都内企業のテレワーク導入率は約6割 - 今後導入予定3%未満
4社に3社が直近1年にインシデントを経験 - JIPDEC調査
テレワークのセキュ課題、投資増とガバナンス - IPA調査
情報セキュ監査人が選定した2021年のセキュリティトレンド
JNSAが選ぶ2020年10大ニュース、気になる1位は……