Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

テレワーク実施、2021年は2020年に比べて微減 - MMD研究所調べ

1回目の緊急事態宣言が発出された2020年に対し、2回目から4回目までが発出された2021年以降の方がテレワークの実施率がやや低いことがMMD研究所の調査でわかった。

スマートフォンを持つ20歳から59歳の会社員の男女3861人を対象にテレワークやデジタル端末の利用状況に関する調査を11月4日に実施し、結果を取りまとめたもの。

テレワークに関しては、「緊急事態宣言前の2020年4月6日まで」と1回目の緊急事態宣言開始日から2回目の実施直前となる「2020年4月7日から同年12月31日まで」、2回目の緊急事態宣言やそれ以降を含む「2021年1月1日以降」にわけて状況を尋ねた。

2020年4月6日までは、「出社をしている」が83.8%を占めた。「テレワークを行っている(4.4%)」「時差出勤とテレワークを並行して行っている(4.1%)」をあわせても1割に満たない。

一方、緊急事態宣言が発令された2020年4月7日から同年末の12月31日までを見ると、「出社している」は68.2%となり、発出以前から15.6ポイント減少。「テレワークを行っている(11.5%)」「時差出勤とテレワークを並行して行っている(11.8%)」はいずれも上昇し、あわせると2割を超えた。

20211117_mm_001.jpg
各時期の出社やテレワーク実施状況(グラフ:MMD研究所)

(Security NEXT - 2021/11/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

総務省、テレワークの中小企業向けセキュチェックリストを改訂
テレワーク施設のセキュ対策まとめたガイドライン - 事例やチェック表も
IPA、内部不正防止ガイドラインを改訂 - テレワーク増加も反映
セキュリティ経営ガイドラインのプラクティス集に改訂版
PPAPメール、14.4%が受信を禁止 - 今後3割が禁止予定
「情報セキュリティ10大脅威 2022」の組織編含む解説書が公開
「情報セキュリティ文化賞」受賞者6名を発表 - 情報セ大
IPA、「情報セキュリティ10大脅威 2022」を発表 - 「ゼロデイ攻撃」が新規ランクイン
年末年始の長期休暇に向けた準備を - 脆弱性やパッチ公開に注意を
「テレワーク推進リーダー」制度を実施、最高50万円の奨励金 - 東京都