Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

6月はフィッシングサイトが増加、過去2番目の件数に - 報告数は減少

フィッシング対策協議会は、6月に報告を受けたフィッシング攻撃の状況を取りまとめた。誘導先となるURLの件数が増加しており、悪用されたブランドの件数も高い水準で推移している。

6月に同協議会へ寄せられたフィッシングの報告は3万560件。前月の3万5016件を4456件下回っており、4月以降減少が見られる。1日あたりに換算すると1018.7件。前月の1129.6件から110.9件減となった。

フィッシングサイトのURLは、前月の5819件から575件増となる6394件。2020年9月の6686件に次いで2番目に多い件数となった。2月以降増加傾向が続いており、6000件を超えるのは6カ月ぶり。

報告が減少する一方でURLが増加する状況が続いており、報告件数が3万949件と近かった2月と比較すると、4カ月でURLは約1.4倍に拡大している。

20210702_ap_001.jpg
フィッシング攻撃の動向(グラフ:フィ対協の発表をもとに独自に作成)

(Security NEXT - 2021/07/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2021年2Qのインシデントは減少 - スキャン行為は増加
「Apple」かたるフィッシングサイト、前月比約5.4倍に
4人に3人が企業からのSMSを警戒 - スミッシング被害経験は4.9%
2020年のフィッシング、3分の2が「HTTPS」対応 - 12月には半数超に
「Amazonプライムデー」の便乗攻撃に警戒を - わずか1カ月で関連ドメイン2300件が新規登録
4月は暗号資産狙うフィッシングサイトが増加
フィッシングで悪用されたブランド数が過去最多
フィッシング報告数が過去最多 - 上位5ブランドで8割超
2021年1Qの標的型攻撃メール報告は13件 - 「Emotet」関連報告は収束へ
巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因