Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2020年のフィッシング、3分の2が「HTTPS」対応 - 12月には半数超に

通信を暗号化する「HTTPS」に対応したフィッシングサイトが増加している。ウェブルートの調査では、2020年12月に半数超を超えたという。

同社がパートナーやユーザーなど、ワールドワイドで稼働する同社センサーを通じて取得した情報を分析し、結果を取りまとめたもの。2020年に同社が観測したフィッシング攻撃の約32%がウェブサイトとブラウザ間で通信を暗号化する「HTTPS」に対応していた。

さらに同年12月には、フィッシングサイトにおいて「HTTPS」を使用する割合が54%と、半数を超えるまで上昇したという。

なりすますブランドの業種によっても偏りが見られる。もっとも割合が高い「暗号資産取引所」のフィッシングでは約70%が「HTTPS」へ対応。「インターネットサービスプロバイダ(約65%)」「ゲーム(約62%)」も多い。続く「小売」についても5割を超えている。

「支払サービス」「ウェブメール」「金融機関」「ヘルスケア」などのブランドを悪用するフィッシングも、4割以上が「HTTPS」へ対応していた。

20210622_wr_001.jpg
フィッシング攻撃における「HTTPS」の利用状況をなりすまされたブランドの業種ごとにまとめたグラフ。暗号資産取引所では7割にのぼる(グラフ:ウェブルート)

(Security NEXT - 2021/06/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ランサムリークサイト、年間約4000件の投稿 - 身代金支払うも約2割で反古
「セキュリティ10大脅威2024」 - 個人の脅威は順位表示を廃止
2022年に悪用が目立った脆弱性トップ12 - 2021年以前の脆弱性も引き続き標的に
Pマーク事業者の個人情報関連事故報告、前年度の約2.3倍に
クレカ会社のドメイン、「DMARC」本格運用は1割届かず
9月のフィッシングサイト、銀行関連が急増 - クレカ系は割合減
脆弱性攻撃の8割超が「Office」狙い - いまだFlash狙いの攻撃も
「Emotet」相談、前月の約7倍に - 自然な日本語と具体的な指示で信用させる文面も
マルウェア減るもランサムウェアは前年から倍増
HTTPS通信の脅威遮断、前年比3.1倍に - 約9割がマルウェア