Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Amazonプライムデー」の便乗攻撃に警戒を - わずか1カ月で関連ドメイン2300件が新規登録

通信販売大手のAmazonは、日本も含めたグローバルにおいて6月21日、22日に大型セールを予定しているが、同セールに便乗しようとする攻撃者の動きが観測されている。

CheckPoint Software Technologiesによれば、過去30日間にあらたに取得された「Amazon」関連のドメインは2303件にのぼり、前回2020年10月のセール時の2137件と比較しても約1割ほど上回る状況だという。

2303件のうち、46%は「Amazon」を含む悪意を持って取得されたドメインで、32%に関しても悪用が疑われるものだった。「Amazon」と「Prime」を含む新規ドメインの32%には、悪意あるサイトが設置されていた。

前回セール時の調査では、28%が悪意あるドメインで、疑わしいとされるドメインは10%だった。全体の件数にくわえて、悪用されるおそれが高いドメインの割合が大幅に上昇している。

セール前よりアカウント情報を窃取するフィッシング攻撃などすでに発生しており、日本国内向けのサイトも観測されている。セールを待つのは消費者だけでなく、攻撃者も準備を進めているとして、同社は注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2021/06/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

1月のフィッシング、独自ドメイン使用する送信元メアドが増加
「セキュリティ10大脅威2024」 - 個人の脅威は順位表示を廃止
「フィッシング詐欺」、1年に3回も被害あったケースも
インシデント件数が約1割増 - 「スキャン」報告が倍増
フィッシングURLが急増 - 4割近くが「Cloudflare Workers」のドメイン
不正送金被害が前年比5倍と過去最悪 - 年末年始もフィッシング攻撃に警戒を
フィッシング報告が大幅減 - 攻撃者も「DMARC」を意識
J-CSIP、24件の脅威情報を共有 - 標的型攻撃は5件
フィッシング報告が3割増 - 15万件超えで過去最高に
3Qのインシデント、前期四半期比25%減 - 「サイト改ざん」が大幅減少