Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ランサム感染判明前日に外部RDP接続 - 岡野バルブ製造が調査報告

岡野バルブ製造が不正アクセスを受け、一部サーバがランサムウェアの被害に遭った問題で、同社は調査結果を明らかにした。

同社では、4月23日8時ごろに障害を検知。同社は13台あるサーバのうち、ファイルサーバやメールサーバなど3台においてランサムウェアによる被害が発生したとして、同月27日に事態を公表し、詳細について調査を進めていた。

外部事業者協力のもと調査を進めた結果、サーバ3台に対し、被害が発覚する前日の4月22日14時ごろに、リモートデスクトップ接続で不正にログオンが行われていたことが判明。

同日深夜から翌23日朝にかけて、このうち2台でランサムウェアが実行され、ファイルの暗号化が行われたことが明らかになった。

不正アクセスを受けたサーバ内からランサムウェアの検体は見つかっておらず、使用されたランサムウェアの種類はわかっていない。ファイルレスで攻撃が行われた可能性もあるという。

(Security NEXT - 2021/06/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

委託先に不正アクセス、個人情報800万件流出か - NTTぷらら
MSPも利用するIT管理ツールがゼロデイ攻撃の標的に - 日本でも検知
サーバや端末など25台でランサム被害 - 摂津金属工業
不正アクセスで一部個人情報が海外に流出 - 福祉用具レンタル会社
川崎汽船の海外子会社に不正アクセスか - 闇サイトにデータ
日本空港給油でランサム感染被害 - 航空機給油業務に影響なし
富士フイルム、情報流出なし - 業務や流通も通常どおりに
サイトの個人情報が不正削除、外部流出の可能性も - 中日新聞関連3紙
スポーツクラブNASのサーバ2台がランサム被害 - 「暗号鍵」特定されて侵入
不正アクセスでサーバがランサム被害 - イトーヨーギョー