Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ランサム感染判明前日に外部RDP接続 - 岡野バルブ製造が調査報告

攻撃者による情報の窃取については、完全に否定はできないとしつつも、圧縮ファイルや圧縮ツールの作成、実行、ファイル転送など、情報流出に関する具体的な痕跡は見つかっていないと説明。外部における情報の公開なども確認されていない。

同社では、リモートデスクトップ接続機能を停止。侵入の疑いがある機器やクライアント端末の安全性について確認を実施。メールサーバについては別の環境へ移行したほか、VPNやファイアウォールの更新および再構築、アカウントの見直し、マルウェア対策ソフトの刷新やEDRの導入など対策を講じた。

被害に遭った一部データについては復旧が難しいとしており、再作成など対応にあたっている。被害が発生する前の状態へ完全に復旧するにはあと半年ほどを見込むという。

ランサムウェアの対応にあたっては警察に相談するとともに、経済産業省などへも報告を行ってきた。今回の攻撃で攻撃者よる脅迫も行われたが、一切連絡を取っておらず、今後も同様の方針としている。

(Security NEXT - 2021/06/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

医療機器販売の八神製作所、サーバがランサム被害
建設コンサルのランサム被害 - あらたに2県が事態公表
建設コンサルのランサム被害 - 都では4局より業務を委託
ランサムで業務データが暗号化、外部流出の可能性も - 水産加工会社
サーバがランサムウェアに被害に - 医療機器販売会社
オリコンサルツHDのランサム被害、複数自治体が委託状況を説明
業務関連データがランサム暗号化、外部流出か - オリコンサル
バイト求人や従業員の情報がランサム被害 - パソナ子会社
海外関連会社でランサム被害、基幹システムは影響なし - 東京海上HD
台湾子会社へのサイバー攻撃、従業員情報が流出 - 塩野義製薬