Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サーバ3台がランサムウェア被害 - 岡野バルブ製造

岡野バルブ製造は、サイバー攻撃を受け、同社グループが利用する複数台のサーバがランサムウェアに感染したことを明らかにした。原因や被害範囲など詳細について調査を進めている。

同社グループが利用するシステムにおいて13台あるサーバのうち、業務システムなどを含むファイルサーバやメールサーバなどあわせて3台でランサムウェアの感染被害が発生したもの。

4月23日8時ごろに障害を検知。ネットワークから社内の端末などを遮断して調査を行ったところ、ランサムウェアによる被害であることが判明した。

攻撃者により、システムにおける障害の解除を交換条件として金銭を払うよう求める要求もあったという。脅迫内容に情報を窃取したといった主張はなかったとしている。

(Security NEXT - 2021/04/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

障害者の就労支援会社がランサム被害 - 「Phobos」亜種が関与か
グループ海外拠点でランサム被害、情報共有に時間要す - トヨタ紡織
ランサム被害の鳴門山上病院、通常診療を再開
攻撃者視点でネットワークをテストするサービス - ユービーセキュア
ニチリン米子会社でランサム被害 - ウェブの閲覧障害も
ランサム攻撃でサーバ内のデータが暗号化 - 帰国子女向け教育サービス
FRONTEO米子会社、複数サーバがランサム被害 - メールシステム脆弱性を悪用か
QNAP、NASのファームウェア更新を呼びかけ - あらたなランサム攻撃を調査中
勤怠システムがランサム被害、総当たり攻撃で侵入か - ヴィアックス
ランサム攻撃、脆弱性含むネットワーク機器から侵入か - 月桂冠