Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サーバ3台がランサムウェア被害 - 岡野バルブ製造

岡野バルブ製造は、サイバー攻撃を受け、同社グループが利用する複数台のサーバがランサムウェアに感染したことを明らかにした。原因や被害範囲など詳細について調査を進めている。

同社グループが利用するシステムにおいて13台あるサーバのうち、業務システムなどを含むファイルサーバやメールサーバなどあわせて3台でランサムウェアの感染被害が発生したもの。

4月23日8時ごろに障害を検知。ネットワークから社内の端末などを遮断して調査を行ったところ、ランサムウェアによる被害であることが判明した。

攻撃者により、システムにおける障害の解除を交換条件として金銭を払うよう求める要求もあったという。脅迫内容に情報を窃取したといった主張はなかったとしている。

(Security NEXT - 2021/04/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

経済同友会、複数端末に不正アクセス - サーバのアラート契機に発覚
米英豪、イランのAPT活動に注意喚起 - 「Fortinet」「Exchange」の脆弱性が標的
ニップン、決算提出期限を延長申請 - 約9割のシステムに被害、帳票処理が手作業に
サーバがランサム被害、取引先情報など流出 - コックフーズ
医療機器販売の八神製作所、サーバがランサム被害
建設コンサルのランサム被害 - あらたに2県が事態公表
建設コンサルのランサム被害 - 都では4局より業務を委託
ランサムで業務データが暗号化、外部流出の可能性も - 水産加工会社
サーバがランサムウェアに被害に - 医療機器販売会社
オリコンサルツHDのランサム被害、複数自治体が委託状況を説明