Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新型コロナ対策補助金の申請者メアドが流出 - 滋賀県

滋賀県は、新型コロナウイルス関連の補助金申請事業において補助金申請者に関するメールアドレスが流出したことを明らかにした。

同県によれば、5月28日19時ごろ、委託先が運営する事務局より新型コロナウイルス感染症対策経営力強化支援事業の補助金に関する申請内容を確認するメールを申請者に同報送信したところ、申請者15人分のメールアドレスが受信者間に流出した。

5月31日に事務局の従業員が誤送信に気づいたという。同日、対象となる申請者に謝罪するとともに、誤送信したメールの削除を依頼した。

委託業務において、同報配信では複数のチェックなど対策を求めていたが、守られていなかったという。今後はチェック体制を強化し、同報配信ツールを活用したり、個別にメールを送信することで再発を防止したいとしている。

(Security NEXT - 2021/06/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「かながわ旅割」に参加する旅行業者宛のメールで誤送信 - 神奈川県
申請書ファイルに個人情報、変換元ファイルをサイトに誤掲載 - 加須市
非公開の個人情報を閲覧できるURLを別人に誤送信 - 東京都
補助金対象施設リストを誤送信、メール転送時に確認漏れ - 宮城県
コロナ療養者の保険証画像を迷惑メール発信者に誤送信 - 広島県
業務メールを私用メアドに送信、入力ミスで第三者に - 延岡市
ワクチン接種センターの従業員が個人情報を漏洩 - 仙台市
氏名で検索、別人にワクチン接種券を誤送付 - 茅ヶ崎市
様式ファイルに新型コロナの患者情報、消去不十分で - 宮城県
コロナの自宅療養証明書を異なる住所へ誤発送 - 静岡県