Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブアプリや周辺インフラにも対応する脆弱性診断サービス

BeeXは、ウェブアプリやサイトが稼働するサーバ、ネットワークなどにも対応する脆弱性診断サービスを提供開始した。

「BeeX Inspectionセキュリティ脆弱性診断」は、攻撃者の視点から擬似攻撃を行って脆弱性を診断するサービス。ウェブアプリケーションにくわえ、ウェブサーバやメールサーバ、DNS、ネットワーク機器などの診断にも対応する。

サービスメニューには、手動により診断する「Pro」をはじめ、ツールでのみ診断を行う「Basic」、さらに手動とツールを組み合わせて診断する「Hybrid」を用意。またネットワーク向けには、手動診断を行う「NW PRO」とツール診断を行う「NW Basic」を提供する。

(Security NEXT - 2021/06/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サンドボックスなど利用したクラウド向け脅威対策サービス - NTT東
Linuxサーバの脆弱性可視化サービス - サイバートラスト
東京商工会議所、会員向けセキュ対策でコンソーシアムを発足
攻撃ルートや対策効果を可視化するサービス - NEC
「Azure」のセキュリティ対策やコストを診断 - 日商エレ
攻撃者に狙われる「非公開ファイル」のチェック機能 - ビットフォレスト
ウェブアプリ開発の上流工程に対する脆弱性診断サービス
FFRI、先端技術分野の脅威分析やトレーニングなど新サービス
組織が利用するIPアドレスを可視化するサービス - ラック
パブリッククラウドのセキュ診断サービス - イエラエ