Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブアプリや周辺インフラにも対応する脆弱性診断サービス

BeeXは、ウェブアプリやサイトが稼働するサーバ、ネットワークなどにも対応する脆弱性診断サービスを提供開始した。

「BeeX Inspectionセキュリティ脆弱性診断」は、攻撃者の視点から擬似攻撃を行って脆弱性を診断するサービス。ウェブアプリケーションにくわえ、ウェブサーバやメールサーバ、DNS、ネットワーク機器などの診断にも対応する。

サービスメニューには、手動により診断する「Pro」をはじめ、ツールでのみ診断を行う「Basic」、さらに手動とツールを組み合わせて診断する「Hybrid」を用意。またネットワーク向けには、手動診断を行う「NW PRO」とツール診断を行う「NW Basic」を提供する。

(Security NEXT - 2021/06/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティ診断サービスでレッドチーム演習を提供 - GMO-CS
ブロックチェーンの脆弱性診断サービスを提供 - ProVision
RPAなど活用したウェブアプリの定額診断サービス - ラック
ECサイトの無償脆弱性診断を希望する中小企業を募集 - IPA
「Log4Shell」の診断サービスを期間限定で - セキュアブレイン
「VAddy」の「Log4Shell」診断、無料試用でも - 1月末まで
トレンドがLog4Shell無料診断ツール - エンドポイントとウェブアプリに対応
「Log4Shell」の有無やログ内の攻撃痕跡を無料調査 - SHIFT SECURITY
ウェブアプリに対する「Apache Log4j」の無償診断を期間限定提供 - ラック
クラウド設定不備による情報漏洩対策で協業 - KCCSとラック