Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

自社開発エンジンによる「ASMツール」を提供 - GMOサイバーセキュリティ

GMOサイバーセキュリティbyイエラエは、「GMOサイバー攻撃 ネットde診断 エンタープライズプラン」を提供開始した。

同サービスは、自社開発の診断エンジンを活用し、インターネット経由でアクセスできるIT資産を洗い出し、脆弱性を継続的に評価できるアタックサーフェースマネジメント(ASM)ツール。

従来より自組織のウェブサイトを対象にセキュリティ状況を診断できる「GMOサイバー攻撃 ネットde診断」を提供してきたが、「ASM」に仕様を拡張した。組織名やサービスの情報をもとにアタックサーフェースとなるサイトやネットワーク機器を洗い出して可視化できる。

IT資産をグループ管理して担当者や部門を紐づけたり、脆弱性の発見時にアラートを発行することが可能。さらにセキュリティコンサルタントによるアドバイザリーサービスが付属しており、セキュリティに関する知識が少ない場合も利用できる。

(Security NEXT - 2023/10/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

高校生向け施設見学ツアーの申込フォームで設定ミス - 電通大
生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 立命館守山高校
児童相談所が児童の個人情報をメール誤送信 - 栃木県
「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「OpenStack」のモジュールに脆弱性 - 修正パッチが公開
JAXAに不正アクセス - 攻撃起点はVPN、未知マルウェアも
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
個人情報含む書類を市サイトに誤掲載 - 尼崎市