Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

制御システムのリスク分析を解説するセミナー - IPA

情報処理推進機構(IPA)は、制御システムのセキュリティリスク分析ガイドオンラインセミナーを提供している。

同機構では、制御システムのリスクアセスメントにおけるプロセス「リスク特定」「分析」「評価」において、中心的な作業となる「リスク分析」を解説した「制御システムのセキュリティリスク分析ガイド」を公開しており、入門者向けのオンラインセミナーを用意したもの。

リスク分析の全体像や、同ガイドで取り上げた「資産ベースのリスク分析」「事業被害ベースのリスク分析」について具体的な実施手順を解説している。技術的な内容は、2020年度と同じだが、あらたに「組織の管理者向け概説」動画を追加した。

オンラインセミナーの提供期間は5月17日10時から9月30日17時までで、約3時間20分の講義動画を好きなタイミングで視聴できる。またメールによる質疑応答にも対応する。定員は500人程度としており、受講費は無料。申し込み方法など、詳細は同機構のサイトから。

(Security NEXT - 2021/05/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

VPN機器8.7万台分の認証情報が公開 - Fortinetが注意喚起
攻撃プランを自動生成する脆弱性評価用の模擬攻撃ツール - OSSで公開
2Qの「JVN iPedia」登録は2735件 - 前期の1.6倍に
IPA、「情報セキュリティ白書2021」を発行 - 無料PDF版も提供予定
2021年2Qのインシデントは減少 - スキャン行為は増加
「Azure Defender for IoT」のリモート監視サービスを提供 - 東芝ITサービス
FBI、「FortiOS」脆弱性について再度注意喚起 - 5月以降も被害が
制御システム向けにエンドポイント対策製品 - トレンド
不正アクセス被害のランドブレイン、調査結果を公表 - ランサムウェアは「Cring」
2021年1Qの「JVN iPedia」登録は1701件 - 「XSS」が170件で最多