Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

制御システムのリスク分析を解説するセミナー - IPA

情報処理推進機構(IPA)は、制御システムのセキュリティリスク分析ガイドオンラインセミナーを提供している。

同機構では、制御システムのリスクアセスメントにおけるプロセス「リスク特定」「分析」「評価」において、中心的な作業となる「リスク分析」を解説した「制御システムのセキュリティリスク分析ガイド」を公開しており、入門者向けのオンラインセミナーを用意したもの。

リスク分析の全体像や、同ガイドで取り上げた「資産ベースのリスク分析」「事業被害ベースのリスク分析」について具体的な実施手順を解説している。技術的な内容は、2020年度と同じだが、あらたに「組織の管理者向け概説」動画を追加した。

オンラインセミナーの提供期間は5月17日10時から9月30日17時までで、約3時間20分の講義動画を好きなタイミングで視聴できる。またメールによる質疑応答にも対応する。定員は500人程度としており、受講費は無料。申し込み方法など、詳細は同機構のサイトから。

(Security NEXT - 2021/05/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「制御システムセキュリティカンファレンス2023」のCFPが開始に
インフラ関係者9割超、サイバー攻撃による産業制御システムの中断を経験
2Qのインシデント、前期比約1.3倍に - フィッシングやスキャン行為が増加
脆弱性DB「JVN iPedia」への登録、2Qは2325件 - 前四半期から1455件減
「情報セキュリティ白書2022」の無料PDF版を公開 - IPA
2022年1Qの脆弱性DB登録は3780件 - 5四半期ぶりに減少
2022年1Qのインシデント、前四半期から15.2%減
トヨタ、国内の全製造ラインを一時停止 - 部品供給元へのサイバー攻撃で
インシデント件数、前四半期から1割増 - 「マルウェアサイト」は3.4倍に
2月に「制御システムセキュリティカンファレンス 2022」が開催