Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

宛先違いや誤操作で新型コロナ患者情報を誤ファックス - 名古屋市

名古屋市は、新型コロナウイルス感染症患者の個人情報が記載された書類を、ファックスで誤送信する事故が2件発生したことを明らかにした。

同市によれば、5月12日に新型コロナウイルス感染症対策室において個人情報を含む書類を関係ない宛先にファックス送信する2件のミスが発生したという。

5月12日11時ごろに発生したケースでは、医療機関宛てに関係資料を提供する際、ファックス送信票のファックス番号を誤り、そのまま異なる宛先に送信。送信時に複数で確認したが、番号の記載ミスには気が付かなかった。

同資料には新型コロナウイルス感染症患者1人の氏名、住所、電話番号、性別、生年月日、年齢、職業、勤務先、新型コロナウイルス感染症患者であること、症状や経過、子どもの氏名と電話番号などが記載されていた。

(Security NEXT - 2021/05/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

仙台市、借金相手に同僚の個人情報伝えた職員を処分 - 怪文書約2500枚届く
問い合わせ管理システムに不正アクセス、個人情報最大10万件が流出か - 白崎コーポレーション
サイトで他会員情報を誤表示、削除依頼メールで誤送信も - 洋菓子通販店
新型コロナ感染者の個人情報を報道機関へ誤送信 - 横浜市
新型コロナ自宅療養者の個人情報をFAX誤送信 - 世田谷保健所
聖火ランナーの生年月日を報道発表資料に誤記載 - 佐賀県
新型コロナ患者の個人情報をファックスで誤送信 - 名古屋市
施設予約申込書に電話番号記載ミス、誤FAXで判明 - 名古屋市
保育園でPCR検査同意書を誤ファックス - 生駒市
複数自治体で新型コロナ患者情報の誤送付が発生