Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「デジタルリテラシー協議会」設立 - スキルフレームワークを公開

データサイエンティスト協会(DSS)、日本ディープラーニング協会(JDLA)、情報処理推進機構(IPA)は、「デジタルリテラシー協議会」を設立した。

同協議会は、IT、データサイエンス、AIの側面からデジタルリテラシーの向上を目指して設立した組織。グローバルにおいて日本が産業競争力を獲得できるよう、共通言語としてデジタルリテラシーをすべてのビジネスパーソンが身につけた状態となることを目指し、活動を展開していくという。

具体的には、IT、データサイエンス、AIを使うための基礎的なスキル、知識、マインドをデジタルリテラシー領域「Di-Lite」と定義。産業界やユーザーの声、デジタル技術の進化など、社会情勢を踏まえた見直しや資格制度の連携などを推進する。

さらにデジタルリテラシーの浸透に向けて、習得すべきスキルや知識、マインドを表した「デジタルリテラシー・スキルフレームワーク」を公開。「デジタルスキルラーニングパス」などツールを提供するほか、企業に向けた普及、啓発活動を展開していくという。

20210420_dl_001.jpg
デジタルリテラシー・スキルフレームワーク(図:IPA)

(Security NEXT - 2021/04/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

政府、「次期サイバーセキュリティ戦略」のパブコメ実施
セキュリティがテーマのコミック配信企画、シーズン2が始動
関連インシデントもわかる情報リテラシー啓発資料 - ラック
ラックと日本女子大、産学連携でセキュ教育 - 「CTF」演習も
セキュリティ人材の育成に向けた産官学協定 - メルカリやLINEら
高校生のセキュリティ対処能力は上昇傾向
世代や立場で求められるインシデント対応の知識レベルは? - ラックが指南書
総務大臣賞が発表、迷惑メール対策推進協議会や神山氏ら受賞
セキュリティエンジニア育成に特化した4年制専攻 - OCA大阪デザイン&IT専門学校
「セキュリティ」テーマの小説コンテストが開催 - 大賞作品は書籍化