Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サーバがランサム被害、UTMの設定不備を突かれる - CRESS TECH

発電やガス、水処理分野など産業設備の設計事業を手がけるCRESS TECHにおいて、ランサムウェアを用いたサイバー攻撃を受けたことがわかった。サーバをクラウド環境に移行し、全面的に事業を再開している。

同社によれば、3月23日に同社サーバにおいてアクセス障害が発生し、ランサムウェアによりデータを暗号化されたことが判明した。金銭の支払いを要求するメッセージも残されていたという。

同社は関係する端末をネットワークから遮断。外部協力のもと調査を行ったところ、UTMの設定不備による脆弱性を突かれ、不正アクセスを受けた可能性が高いことが判明した。

サーバ内には従業員の住所、賃金、人事データや取引先の会社名、担当者の氏名、電話番号のほか、設計データなどが保存されており、データを暗号化されたと見られる。UTMの通信履歴に情報が外部へ流出した痕跡は残っておらず、暗号化以外の被害は確認されていないとしている。

同社では、警察や個人情報保護委員会へ報告。感染の可能性があるすべての端末を初期化したほか、UTMを交換し、EDRやSOCサービスを導入した。また社内で運用していたオンプレミスサーバについてはクラウド環境へ移行。4月5日より全面的に事業を再開している。

被害が生じ、隔離した機器については引き続き調査を進めていく。また情報セキュリティ規程の見直しや、従業員に対するリテラシー教育などを行う予定。

(Security NEXT - 2024/04/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

児童相談所などが支援児童の住所を秘匿対象者に漏洩 - 横浜市
「国民のためのサイバーセキュリティサイト」がリニューアル
「mixi」にPWリスト攻撃 - 2月から3月にかけて発生
バッファロー製ルータでボット感染が増加 - 脆弱なパスワード設定に起因か
先週注目された記事(2024年5月19日〜2024年5月25日)
「MS Edge」もアップデート - 今月4度目のゼロデイ修正
積水ハウスの会員サイトで個人情報流出 - 過去使用ページから
「Chrome」に今月4件目のゼロデイ脆弱性 - 悪用を確認
中学校で災害時に用いる個人票1クラス分が所在不明に - 二宮町
オンラインマラソンの案内メールで誤送信 - 袋井市スポーツ協会