Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スマホ利用者2割がセキュリティに不安 - MMD調査

スマートフォンユーザーの2割強がセキュリティ面に不安を感じながら利用していることがわかった。セキュリティ対策を実施しているユーザーでも、「OS」や「ファームウェア」「アプリ」のアップデートを実施しているユーザーは4割弱にとどまる。

MMD研究所が、10月28日から11月2日にかけて個人の情報セキュリティリテラシーに関する調査をインターネットで実施し、結果を取りまとめたもの。スマートフォンを所有する18歳から69歳の男女6647人が回答した。

同調査では、24.3%が「安心して使用できている」とし、「やや安心して使用できている(55.4 %)」とあわせると79.7%にのぼる。一方、14.9%は「あまり安心して使用できていない」としており、5.4%は「安心して使用できていない」と答えた。

87.0%がスマートフォンにおいてセキュリティ対策を実施している一方、13.0%は対策を実施していなかった。具体的な対策を尋ねたところ、「怪しげなメールや添付ファイルは開かない」が62.0%で最多。「不審なサイトを閲覧しない」が55.3%、「スマートフォンの画面ロック設定」が51.9%と続く。

一方、「OSやファームウェア、アプリをアップデートする(39.0%)」「フリーWi-Fiで重要な通信をしない(37.4%)」は4割に届かなかった。「セキュリティソフトの導入」は24.7%にとどまっている。

(Security NEXT - 2021/11/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小売業における端末の盗難対策、3割強 - コストや人材が不足
保護者の約1割が子どものネット履歴を確認 - 国内外でギャップも
ランサム攻撃に2割が支払い、4割は復旧できず
2022年1Qの脆弱性届け出は176件 - ソフトとウェブともに増加
Z世代の7割、スマホアプリでの個人情報登録に抵抗感
中小企業の3分の1、直近3年間のセキュ投資ゼロ - 「必要性を感じない」
ソフト全般「脆弱性」対策の必要性、PC利用者で約6割が認知
「メタバース」なども取り上げるセキュリティイベント - JSSECら
「情報セキュリティ10大脅威 2022」の組織編含む解説書が公開
「サポート詐欺」の平均被害額が1.8倍に - 支払方法に変化も