Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

機器出荷前のセキュ検証を効果的に行うための手引き - 経産省

経済産業省は、出荷前に機器のセキュリティ対策状況や脆弱性について検証するサービスを提供する事業者や、検証サービスを利用するメーカー向けに、効果的にサービスを活用できるよう手引書を公開した。サービス事業者が実施すべき事項を示すとともに、メーカー側に必要とされる知識なども盛り込んだ。

機器のセキュリティを侵害する事例が増加しており、脆弱性の有無やセキュリティ対策の妥当性を出荷前に確認する「検証サービス」の重要性が増しているとして、「機器のサイバーセキュリティ確保のためのセキュリティ検証の手引き」を取りまとめたもの。

検証サービス事業者および検証を依頼するメーカーの開発者や品質保証担当者などを対象としたもので、「セキュリティ検証サービス」におけるサービス品質の向上や、利用者がサービスを効果的に活用するための知識について記載した。

検証対象は、IoT機器をはじめ、ネットワークに常時接続する機器や関連サービスとしており、IoT機器などが接続するクラウドサーバや、機器を組み合わせたシステム全体の検証については対象外としている。

20210420_me_001.jpg
「機器のサイバーセキュリティ確保のためのセキュリティ検証の手引き」における対象機器のイメージ(図:経産省)

(Security NEXT - 2021/04/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ETCのアカウントを停止した」と不安を煽るフィッシング
IoT機器や制御機器に用いるRTOSなどにRCE脆弱性「BadAlloc」
2009年以降のDell製端末のドライバに脆弱性 - アップデートが順次公開、未提供の場合も削除を
個情委、LINEへ委託先監督義務で行政指導 - 外国第三者提供については指導なし
Google、「Chrome 90.0.4430.93」をリリース - 9件のセキュリティ修正を実施
【特別企画】予算や人材不足の中小企業でもあきらめない! - マルウェア被害の縮小化
「Interop Tokyo」の「ShowNet」解説イベント、4月22日にオンライン開催
デジタル署名検証ガイドラインを公開 - JNSA
Interop Tokyo、セキュリティ部門で4製品がアワードを受賞
「サイバーセキュリティお助け隊サービス制度」がスタート - まずは5社から