Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

機器出荷前のセキュ検証を効果的に行うための手引き - 経産省

経済産業省は、出荷前に機器のセキュリティ対策状況や脆弱性について検証するサービスを提供する事業者や、検証サービスを利用するメーカー向けに、効果的にサービスを活用できるよう手引書を公開した。サービス事業者が実施すべき事項を示すとともに、メーカー側に必要とされる知識なども盛り込んだ。

機器のセキュリティを侵害する事例が増加しており、脆弱性の有無やセキュリティ対策の妥当性を出荷前に確認する「検証サービス」の重要性が増しているとして、「機器のサイバーセキュリティ確保のためのセキュリティ検証の手引き」を取りまとめたもの。

検証サービス事業者および検証を依頼するメーカーの開発者や品質保証担当者などを対象としたもので、「セキュリティ検証サービス」におけるサービス品質の向上や、利用者がサービスを効果的に活用するための知識について記載した。

検証対象は、IoT機器をはじめ、ネットワークに常時接続する機器や関連サービスとしており、IoT機器などが接続するクラウドサーバや、機器を組み合わせたシステム全体の検証については対象外としている。

20210420_me_001.jpg
「機器のサイバーセキュリティ確保のためのセキュリティ検証の手引き」における対象機器のイメージ(図:経産省)

(Security NEXT - 2021/04/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Palo Altoの「PAN-OS」に5件の脆弱性 - アップデートにて修正
ビデオ会議サービス「Zoom」に脆弱性 - 重要度「クリティカル」も
MS、2月の月例セキュリティ更新をリリース - ゼロデイ脆弱性2件に対応
「FortiOS」に複数の深刻な脆弱性 - すでに一部は悪用か
コンテナの制限を回避する脆弱性「Leaky Vessels」が判明
「GitLab」に深刻な脆弱性 - アカウント乗っ取りのおそれ
「GitLab」の脆弱性、実証コードが公開 - 侵害状況の調査を
「MS Edge」にセキュリティアップデート - 独自含む5件の脆弱性を解消
APIゲートウェイ向けにOSSのセキュリティプラグインを公開
「Cisco Unity Connection」に深刻な脆弱性 - アップデートを提供