Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシングで悪用されたブランド数が過去最多 - 報告やURLも大幅増

仮想通貨取引所のブランドも5件が悪用されたほか、暗号資産(仮想通貨)ウォレットを装うケースなども確認されている。またISPやホスティング事業者なども12件のブランドが悪用されており、メールアカウントや管理アカウントのIDやパスワードが標的になっているという。

悪用されたブランドの件数は過去最多となったが、フィッシング対策協議会への報告は、上位5ブランドに集中している。「Amazon」を装ったケースが全体の51.9%にのぼるなど突出しており、「楽天」「MyJCB」「三井住友カード」「エポスカード」をあわせると約81.7%にのぼった。

ショートメッセージサービス(SMS)を装ったフィッシング攻撃も引き続き発生しており、「Amazon」のほか、金融機関、クレジットカードブランド、宅配便を装うケースなどが報告されている。

同協議会では、ログインを促すメールやSMSを受信した場合も、記載されたURLよりアクセスするのではなく、正規のアプリや事前に登録しておいたブックマークからアクセスしてログインし、情報を確認するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2021/04/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2月はクレカ会社のフィッシングサイトが1.3倍に - BBSSレポート
フィッシングURL、前月比22.9%減 - 報告は4カ月連続で3万件超
1月のフィッシングサイト、前年同月の倍に - 6割弱が偽ECサイト
フィッシングサイト、「偽Microsoft」が最多 - 「偽楽天」は3Qに急増
ECサイトのフィッシングサイトが前月比1.7倍に - BBSS報告
1月のフィッシング報告大幅増、4万件超に - 「Amazon」関連が6割
2020年3Qフィッシング、前四半期の約4分の3に - RSAまとめ
2020年2Qのフィッシング攻撃は3割減、国内ホストは32件 - RSA調査
2020年4Qのインシデントは1割減 - マルウェアサイトは倍増
情報セキュ監査人が選定した2021年のセキュリティトレンド