Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシングで悪用されたブランド数が過去最多 - 報告やURLも大幅増

3月にフィッシング対策協議会へ寄せられたフィッシングメールの報告件数やURLは、2月を大幅に上回った。悪用されたブランドは過去最多を記録している。

3月の1カ月間に同協議会へ寄せられたフィッシングの報告は、4万3423件。2月は3万949件となり、4万3972件で過去最多だった1月から一時減少を見せたが、3月は再び増加して1月に次いで報告数が多い月となった。1日あたり約1400.7件の報告が寄せられた計算となり、前月の1105.3件から26.7%増となる。

フィッシングに悪用されたURLに関しても、前月の4538件から約21%増加し、5495件となった。2020年9月の6686件には及ばないが、再び5000件台半ばまで増加しており、予断を許さない状況だ。

悪用されたブランドは、前月の59件から69件へと増加。調査開始以降、最多となった。クレジットカードブランドをかたるフィッシングが引き続き多く、クレジットや信販関連など18件、金融機関で5件のブランドが悪用された。

20210405_ap_001.jpg
フィッシングの報告件数およびURL件数の推移(グラフ:フィ対協の発表をもとに独自に作成)

(Security NEXT - 2021/04/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

J-CSIPへの情報提供が約2.6倍に - 過去の受信メールにも注意を
フィッシングURL、1カ月で約4.9万件 - 報告は10万件を突破
フィッシングサイトの約4割が「三菱UFJニコス」を悪用 - 偽NHKにも注意
2Qのインシデント、前期比約1.3倍に - フィッシングやスキャン行為が増加
4割弱の中小企業、改正個情法の内容「知らない」 - 4社に3社は漏洩報告義務把握せず
6月のフィッシングサイト、過去最多を大幅更新 - 同一IPアドレス上で多数稼働
フィッシングURLが約1.7倍、過去最多更新 - 同一IPアドレス上に大量の偽サイト
フィッシングサイトの半数がクレカ事業者を偽装 - 銀行装うケース大きく縮小
2021年のフィッシング報告、前年比約2.3倍に - 約53.6%がEC系
交通関連サービスのフィッシングサイトが増加 - BBSS調査