Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュ産業創出する人材育成目指した「SecHack365」 - 受講生募集が開始

情報通信研究機構(NICT)は、4月1日より2021年度の人材育成プログラム「SecHack365」の受講生を募集開始する。

同プログラムは、25歳以下の学生や社会人を対象としたセキュリティ人材の育成プログラム。2017年度より実施している。

現場で活躍する研究者や技術者の支援を受けつつ、セキュリティ関連技術の研究、開発、実験、発表を1年間継続する長期ハッカソンで、同プログラムを通じて研究者や起業家など、セキュリティ産業の創出を担う人材「セキュリティイノベーター」の育成を目指している。

受講生の特性にあわせ、5種類のコースを用意。オンラインによる開催を基本としつつ、社会情勢によっては合宿形式の集合イベントなども検討する。

募集期間は、4月1日から4月15日17時まで。募集要項や申込方法など詳細は同プログラムのウェブサイトから。

(Security NEXT - 2021/03/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

若年層向け人材育成プログラム「SecHack365 2019」が始動 - 参加者募集を開始
セキュリティ分野の総務大臣奨励賞、登大遊氏ら受賞
「JNSA賞」が発表、フィッシングハンターのKesagataMe氏ら受賞
セキュリティ人材育成や流動化で協業 - JTAG財団とJNSA
「サイバーセキュリティに関する総務大臣奨励賞」が決定 - 2名1団体が受賞
関連インシデントもわかる情報リテラシー啓発資料 - ラック
セキュ経営GLの付録として体制構築や人材確保の手引き - 経産省
財務省、実践的サイバー防御演習の見直し求める
「IoT・5Gセキュリティ総合対策2020を策定」 - 総務省
ラックと日本女子大、産学連携でセキュ教育 - 「CTF」演習も