Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

小規模サイト、約1割「一切脆弱性対策せず」 - 対策不備で2割が被害経験

ウェブサイトの各フェーズにおける対策を尋ねたところ、構築時では、「計画、設計に脆弱性が生じないよう検討の機会を作っている」が25.9%ともっとも多い。次いで「構築においてセキュアプログラミングの手法を取り入れている」が18.6%で続く。一方、23.9%は「構築の時点では脆弱性対策をしていない」と答えた。

ウェブサイト運用時の対策では、「脆弱性が発見されたら、可能な限りすみやかに修正を行っている」が40.9%でもっとも多く、次いで「脆弱性が発見されたら、その深刻さについて調べ、対処方法を検討する」が20.9%だった。13.3%は、運用時に脆弱性対策をしていないと回答している。

一方で、ウェブサイトの脆弱性に気づいたきっかけは、社外の関係者や取引先、サイト利用者、セキュリティ関連組織など、31.3%は外部からの連絡だった。また18.6%は、トラブルや不正アクセスの被害などにより発見。「脆弱性による情報を入手して自社で確認し発見した」は13.0%にとどまる。

ウェブサイトにおける脆弱性対策の遅れやミスが間接的な原因となって、改ざん、不正アクセス、サーバダウンなどの被害に遭ったことがあるか聞いたところ、20.3%が被害を経験していた。

(Security NEXT - 2021/04/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年の緊急対応支援、3割強が「Emotet」 - ラック
2020年4Qのインシデントは1割減 - マルウェアサイトは倍増
2020年4Qの脆弱性届け出は303件 - ソフト、サイトともに増
2020年4Qの脆弱性登録は1423件 - 前年同期の3分の1
2020年の上場関連企業における個人情報事故 - 103件2515万人分
セキュリティ事件の認知度、1位はドコモ口座の不正出金
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査
情報流出を狙った攻撃が5割超 - 脆弱性探索も
標的型攻撃のレスキュー支援、2020年上半期は45件
「TCP 445番ポート」宛てのパケットが増加傾向 - JPCERT/CC観測