Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

小規模サイト、約1割「一切脆弱性対策せず」 - 対策不備で2割が被害経験

小規模サイトの約1割において、まったく脆弱性対策が実施されていないことがわかった。対策の遅れやミスにより、約2割で被害を経験している。

情報処理推進機構(IPA)が、2020年12月に従業員50人以下で小規模ウェブサイトを運営する企業のウェブサイト担当者やシステム担当者を対象に、オンラインのアンケート調査を実施し、結果を取りまとめたもの。有効回答数は301件。

ウェブサイトに対する基本的な脆弱性対策の状況について、「構築時も運用時も脆弱性対策をしている」は48.8%。「運用時のみ」が22.9%で続く。2.0%は「構築時のみ」対策を講じており、9.6%は「一切脆弱性対策を講じていない」と回答。また16.6%は、「わからない」として実態を把握できていなかった。

脆弱性対策を行わない理由については、「個人情報を扱っていないから(51.8%)」「クレジットカードなどの決済を行っていないから(38.6%)」が多いが、「サイトが著名ではないので被害に遭うとは考えにくいから(27.7%)」「難しくてよくわからないから(20.5%)」といった答えも目立つ。

さらに「あまり気にしていないから(14.5%)」「深刻な問題ではないから(9.6%)」「脆弱性について知らなかったから(4.8%)」といった声も聞かれた。

20210407_ip_001.jpg
脆弱性対策を行わない理由(グラフ:IPA)

(Security NEXT - 2021/04/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2022年1Qの脆弱性届け出は176件 - ソフトとウェブともに増加
2022年1Qの脆弱性DB登録は3780件 - 5四半期ぶりに減少
2022年1Qのインシデント、前四半期から15.2%減
2021年の不正アクセス認知は1516件 - 前年から約46%減
ソフト全般「脆弱性」対策の必要性、PC利用者で約6割が認知
ECサイトの情報流出被害、4割で1000万円超 - 責任範囲や技術の理解乏しく
マルウェア減るもランサムウェアは前年から倍増
情シス担当者、「ゼロトラストを理解している」21%
2021年のマルウェア届出、前年の2倍 - ランサム感染被害は39件
「JVN iPedia」、2021年4Q登録は4676件 - 前期比1.4倍に