Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

小規模サイト、約1割「一切脆弱性対策せず」 - 対策不備で2割が被害経験

小規模サイトの約1割において、まったく脆弱性対策が実施されていないことがわかった。対策の遅れやミスにより、約2割で被害を経験している。

情報処理推進機構(IPA)が、2020年12月に従業員50人以下で小規模ウェブサイトを運営する企業のウェブサイト担当者やシステム担当者を対象に、オンラインのアンケート調査を実施し、結果を取りまとめたもの。有効回答数は301件。

ウェブサイトに対する基本的な脆弱性対策の状況について、「構築時も運用時も脆弱性対策をしている」は48.8%。「運用時のみ」が22.9%で続く。2.0%は「構築時のみ」対策を講じており、9.6%は「一切脆弱性対策を講じていない」と回答。また16.6%は、「わからない」として実態を把握できていなかった。

脆弱性対策を行わない理由については、「個人情報を扱っていないから(51.8%)」「クレジットカードなどの決済を行っていないから(38.6%)」が多いが、「サイトが著名ではないので被害に遭うとは考えにくいから(27.7%)」「難しくてよくわからないから(20.5%)」といった答えも目立つ。

さらに「あまり気にしていないから(14.5%)」「深刻な問題ではないから(9.6%)」「脆弱性について知らなかったから(4.8%)」といった声も聞かれた。

20210407_ip_001.jpg
脆弱性対策を行わない理由(グラフ:IPA)

(Security NEXT - 2021/04/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2021年3Qはインシデントが約25.9%増 - 「サイト改ざん」が倍増
IPA、2021年前半の被害届出127件を公開 - ランサムや認証突破など
2021年2Qの標的型攻撃に関する情報共有は40件 - J-CSIP
2021年2Qの脆弱性届出は307件 - ソフトウェアとサイトともに増加
MITRE、危険な脆弱性タイプのトップ25を発表
2Qの「JVN iPedia」登録は2735件 - 前期の1.6倍に
2021年2Qのインシデントは減少 - スキャン行為は増加
「Apache Tomcat」の脆弱性狙うアクセスに注意
2020年度下半期の「J-CRAT」相談は201件 - レスキュー支援が増加
マルウェアメール、日本が検出最多 - ESETまとめ