Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

小規模サイト、約1割「一切脆弱性対策せず」 - 対策不備で2割が被害経験

小規模サイトの約1割において、まったく脆弱性対策が実施されていないことがわかった。対策の遅れやミスにより、約2割で被害を経験している。

情報処理推進機構(IPA)が、2020年12月に従業員50人以下で小規模ウェブサイトを運営する企業のウェブサイト担当者やシステム担当者を対象に、オンラインのアンケート調査を実施し、結果を取りまとめたもの。有効回答数は301件。

ウェブサイトに対する基本的な脆弱性対策の状況について、「構築時も運用時も脆弱性対策をしている」は48.8%。「運用時のみ」が22.9%で続く。2.0%は「構築時のみ」対策を講じており、9.6%は「一切脆弱性対策を講じていない」と回答。また16.6%は、「わからない」として実態を把握できていなかった。

脆弱性対策を行わない理由については、「個人情報を扱っていないから(51.8%)」「クレジットカードなどの決済を行っていないから(38.6%)」が多いが、「サイトが著名ではないので被害に遭うとは考えにくいから(27.7%)」「難しくてよくわからないから(20.5%)」といった答えも目立つ。

さらに「あまり気にしていないから(14.5%)」「深刻な問題ではないから(9.6%)」「脆弱性について知らなかったから(4.8%)」といった声も聞かれた。

20210407_ip_001.jpg
脆弱性対策を行わない理由(グラフ:IPA)

(Security NEXT - 2021/04/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
2020年の緊急対応支援、3割強が「Emotet」 - ラック
2020年4Qのインシデントは1割減 - マルウェアサイトは倍増
2020年4Qの脆弱性届け出は303件 - ソフト、サイトともに増
2020年4Qの脆弱性登録は1423件 - 前年同期の3分の1
2020年の上場関連企業における個人情報事故 - 103件2515万人分
セキュリティ事件の認知度、1位はドコモ口座の不正出金
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査
情報流出を狙った攻撃が5割超 - 脆弱性探索も
標的型攻撃のレスキュー支援、2020年上半期は45件