Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Exchange Server」脆弱性、10グループ以上が悪用か - パッチ公開前にも

「Microsoft Exchange Server」に深刻な脆弱性が明らかとなった問題で、ESETはAPTグループや犯罪組織など10以上の攻撃グループが悪用しているとの分析結果を示した。少なくとも5000台以上に侵害が広がっているという。

3月2日の定例外アップデートで修正された「Microsoft Exchange Server」の脆弱性は、少なくとも1月から脆弱性が悪用されていたことが確認されており、マイクロソフトでは、脆弱性が中国の支援を受ける攻撃グループ「Hafnium」により悪用されたとの見解を公表している。

同グループによる活動にくわえ、ESETは、セキュリティ更新プログラムがリリースされる以前より、複数グループによって脆弱性の悪用が開始されていたと指摘。パッチ公開後はさらに悪用するグループが拡大。侵害により「Webシェル」が検出されたケースは、3月10日の時点で同社が把握するだけでも115カ国以上で5000台以上にのぼり、複数グループが同じ組織を標的にしていたこともあったという。

同社の調査では2月後半より感染活動を確認しており、2月28日に別名「Bronze Butler」としても知られる「Tick」による悪用を観測。過去に用いたバックドアと非常に似たバックドアを使用していた。

さらに3月1日には「LuckyMouse」「Calypso」などが悪用されたことを観測。さらにアジアの民間企業や東ヨーロッパの政府機関を狙った攻撃を検知しており、既知の攻撃と繋がりが見られないことから、同社は一連の攻撃を「Websiic」と命名している。

20210318_es_001.jpg
「CVE-2021-26855」の悪用により埋め込まれた「Webシェル」の検知動向(グラフ:ESET)

(Security NEXT - 2021/03/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MS、10月の月例セキュリティ更新をリリース - ゼロデイ脆弱性1件含む74件を解消
CODE BLUE 2021の講演者を発表 - 「ProxyLogon」発見者も登壇
「Exchange」の脆弱性「ProxyShell」に要警戒 - 悪用発生で米政府が注意喚起
2021年2Qの標的型攻撃に関する情報共有は40件 - J-CSIP
米英豪、悪用多い脆弱性トップ30件を公表 - 早急に修正を
米同盟やEU、中国支援のサイバー攻撃を批判 - 関係者の訴追も
MS、7月の月例パッチを公開 - ゼロデイ脆弱性3件に対応
ソフトウェアのサプライチェーンリスク対策でSBOM利用を促進 - Linux Foundation
MS、5月の月例パッチで脆弱性55件を修正 - 3件が公開済み
2021年1Qの標的型攻撃メール報告は13件 - 「Emotet」関連報告は収束へ