Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

33%がPWを使い回し、52%は似たPWを再利用 - F-Secure調査

回答者の3割近くが、直近12カ月にマルウェア感染やSNSアカウントへの不正アクセス、クレジットカード詐欺、ネットいじめなど何らかのサイバー犯罪に遭遇したと答えている。

攻撃者によってデータ侵害を受けたオンラインサービスの利用者に限定すると、60%がサイバー犯罪の被害に遭ったと回答。それ以外の回答者は22%で3倍近い差が開いた。メールに対する不正アクセスは、侵害を受けたサービスの利用者が34%。それ以外の回答者が18%であり大きな差が開いている。

「SNSアカウントに対する不正アクセス(26%)」や「ランサムウェア(13%)」「なりすまし(13%)」なども、侵害を受けたサービスの利用者が2倍か、それ以上の被害経験があったという。

(Security NEXT - 2021/02/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

3月に国内ホストのフィッシングサイトが急増 - RSA
2019年下半期の捜査機関開示要請は1684件、78%に対応 - LINE
人気エンタメ作品に危険サイトが便乗 - 「無料」で誘惑
「Goldfish Alpha作戦」でコインマイナー感染ルータが78%減
「個人データを情報銀行へ預けてもよい」55% - 情報漏洩や悪用に懸念も
2019年上半期の捜査機関開示要請は1625件、79%に対応 - LINE
9カ国調査、コンシューマーの半数でサイバー被害 - 日本は4割
2018年下半期の捜査機関による開示要請は1725件、76%に対応 - LINE
不正アクセスの検挙564件、目立つ脆弱PW狙い - ウイルス罪は68件
安全以前に「安さ」へ目が行くホリデーシーズン