Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

33%がPWを使い回し、52%は似たPWを再利用 - F-Secure調査

F-Secureがコンシューマーを対象に実施した調査において、回答者の3割が直近1年間に何らかのサイバー犯罪に遭遇したと回答した。特に侵害されたオンラインサービスの利用者はサイバー犯罪に遭った割合が高かった。

同調査は、日本をはじめ、米国、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、オランダ、スウェーデン、フィンランド、ポーランド、メキシコ、ブラジルの12カ国におけるコンシューマーを対象として2020年5月に実施。各国400人、合計4800人が回答した。

回答者が利用するオンラインサービスを見ると、日本ではショッピング、グローバルではSNSがもっとも多い。登録しているオンラインアカウントの数は、日本は13件、グローバルは18件。使用しているパスワードは、日本は10件でグローバルは13件だった。

複数アカウントで同一パスワードを使い回す割合は、日本は33%でグローバルは39%。同一ではないものの、似たパスワードを再利用する割合は日本で52%、グローバルで57%にのぼる。パスワードの管理方法は、日本もグローバルも「紙で保存」がもっとも多く、日本は46%、グローバルは32%だった。

(Security NEXT - 2021/02/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2021年上半期のサイバー犯罪検挙は5345件 - 高水準で推移
偽ECサイトの通報件数が増加 - マッチングアプリやSNSで異性から勧められたケースも
2020年のフィッシング、3分の2が「HTTPS」対応 - 12月には半数超に
3月に国内ホストのフィッシングサイトが急増 - RSA
2019年下半期の捜査機関開示要請は1684件、78%に対応 - LINE
人気エンタメ作品に危険サイトが便乗 - 「無料」で誘惑
「Goldfish Alpha作戦」でコインマイナー感染ルータが78%減
「個人データを情報銀行へ預けてもよい」55% - 情報漏洩や悪用に懸念も
2019年上半期の捜査機関開示要請は1625件、79%に対応 - LINE
9カ国調査、コンシューマーの半数でサイバー被害 - 日本は4割