Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「違法情報」の通報が約28.2%増 - 「犯罪実行者募集」は4000件超

インターネット・ホットラインセンター(IHC)は、2023年の通報状況などを取りまとめた。「違法情報」に関する通報は3万3200件で前年から3割近く増加している。

同センターではインターネット上に書き込まれた違法情報や重要犯罪と密接に関連する情報、自殺の誘引を図る情報などの通報を受理し、警察に対する通報やプロバイダやサイト管理者に削除依頼を行っている。

2023年に同センターが受理した通報は39万3942件。通報に複数の違法情報が含まれている場合があり、これら通報をガイドラインに基づいて分析した結果、分析件数は39万4316件となり、前年の58万4810件から約32.6%減となった。

内訳を見ると、「違法情報」は3万3200件で、前年の2万5895件から約28.2%増。「自殺誘引情報」は前年の2690件から6609件へと約2.5倍に拡大している。今回より分析が開始された「重要犯罪密接関連情報」が4876件だった。

一方88.7%にあたる34万9631件は同ガイドラインの対象外とされている。前回より20万6594件減となっており、分析件数が大きく減少した要因ともなっている。

(Security NEXT - 2024/03/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Windows環境下の複数開発言語に脆弱性「BatBadBut」が判明
「PHP」に複数の脆弱性 - セキュリティアップデートで修正
AIシステムの安全な実装運用に向けたガイダンスを公開 - 米政府ら
検索用目録と誤って個人情報含むファイルを誤公開 - 新潟県
印刷に利用した患者情報含む私物USBメモリが所在不明に - 愛知県
「GitLab」にセキュリティアップデート - 脆弱性4件を解消
メールサーバがフィッシングメールの踏み台に - 広済堂HD子会社
従業員が退職時に顧客情報を持出、転職先で使用 - プルデンシャル生命
「PAN-OS」のアップデートが公開 - 旧版にも順次提供予定
「XenServer」「Citrix Hypervisor」に脆弱性 - 情報流出やDoS攻撃のおそれ