Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2021年のサイバー犯罪検挙数は1万2275件 - 前年比25%増

2021年のサイバー犯罪検挙数は1万2257件と1万件の大台を突破し、前年の1.25倍へ拡大した。

警察庁が、サイバー空間における脅威動向を速報として取りまとめたもの。同年におけるサイバー犯罪の検挙件数は暫定で1万2275件。前年の9875件から約25%増加した。

2017年以降、9000件台で緩やかに増加してきたが、2021年は目立って増加し、1万件の大台を大きく上回った。

オンラインバンキングにおける不正送金の発生件数は暫定で585件。前年の1734件から約3分の1に減少している。被害額についても前年の11億3300万円から8億1600万円へと減少した。

一方、同年に都道府県警察から警察庁へ寄せられたランサムウェアの被害報告は146件。業種別では「製造業」が55件でもっとも多く、「卸売、小売業」が21件、「サービス業」が20件、「建設業」が10件と続いている。

(Security NEXT - 2022/02/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティ診断サービスでレッドチーム演習を提供 - GMO-CS
ボランティア宛のメールで送信ミス - 大阪歴史博物館
「Chrome」に緊急アップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
「読売新聞オンライン」に不正アクセス - 同社経由のアカウント情報流出は否定
サイバー攻撃で注文情報が消失や流出の可能性 - キンコーズ
約800自治体が採用する電子申請のヘルプデスクがEmotet感染
KDDIの通信障害、約2日半ぶりにほぼ復旧
研修支援サービスで外部より個人情報へアクセス可能に - リスモン
小学校でUSBメモリを紛失、持出許可得るも禁止の個人情報も - 所沢市
防災局メルアカ乗っ取り被害、スパムの踏み台に - 新潟県