Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ランサムウェア「Ziggy」も活動中止 - 復号ツールも登場

ランサムウェア「Ziggy」の犯行グループは、同マルウェアの被害者向けに復号鍵を公開した。セキュリティベンダーより復号ツールもリリースされている。

同マルウェアは、端末内のファイルを端末利用者の意図に反して暗号化し、ファイル名の拡張子にIDやメールアドレス、「.ziggy」といった文字列を追加するランサムウェア。

ランサムウェアの管理者が後悔の念とともに、すべての復号鍵を公開するとメッセンジャーツール「Telegram」上でアナウンス。その後公開された鍵により、実際に復号できることをセキュリティ専門家が確認した。これを受けてEmsisoftでは無料の復号ツールをリリースしている。

同様の動きは他ランサムウェアでも見られ、「FonixCrypter」や「Xinof」との名称でも知られるランサムウェア「Fonix」の攻撃グループが1月末に活動中止を公表するとともに、復号鍵を公開している。

(Security NEXT - 2021/02/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

QNAP、NASのファームウェア更新を呼びかけ - あらたなランサム攻撃を調査中
富士通クラウドサービスへの攻撃 - 侵入の痕跡見つかる
ランサムウェア「Yanluowang」の復号ツールを提供 - カスペルスキー
2021年のランサム被害報告は146件 - 目立つVPN経由の侵入
月桂冠がランサム被害、子会社にも影響 - 生産には影響なし
ソフト全般「脆弱性」対策の必要性、PC利用者で約6割が認知
PPAPメール、14.4%が受信を禁止 - 今後3割が禁止予定
復号化せずに「SSL/TLS」を用いたDDoS攻撃を防御 - Radware
顔情報を暗号化したまま認証する「秘匿生体認証技術」 - NEC
ランサム被害のスポーツクラブNAS、検証から情報流出なしと判断