Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ECサイトのフィッシングサイトが前月比1.7倍に - BBSS報告

BBソフトサービスは、2020年12月に同社で把握したフィッシング詐欺サイトの状況について取りまとめた。

同月に同社が調査により収集したeコマースサイト事業者を装うフィッシング詐欺サイトは907件。前月の542件から67%増となった。前年同月の164件と比較すると、5.5倍に拡大している。

またクレジットカード会社をかたるフィッシング詐欺サイトも、前月の377件から42%増となる534件へと増加した。前年同月の109件と比較すると、4.9倍の規模となる。

同社が把握したフィッシングサイトで悪用されたブランドを見ると、「楽天」が最多で「Amazon」が続き、上位2ブランドがいずれもECサイトだった。また、「三井住友カード」「JCB」「アプラス」「オリコ」などクレジットカード会社のほか、「auじぶん銀行」「au」「Microsoft」といったブランドも悪用されていた。

(Security NEXT - 2021/02/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシングURL、前月比22.9%減 - 報告は4カ月連続で3万件超
1月のフィッシングサイト、前年同月の倍に - 6割弱が偽ECサイト
政府、ISP経由で国内Emotet感染者に注意喚起
フィッシングサイト、「偽Microsoft」が最多 - 「偽楽天」は3Qに急増
1月のフィッシング報告大幅増、4万件超に - 「Amazon」関連が6割
「JNSA賞」が発表、フィッシングハンターのKesagataMe氏ら受賞
「情報セキュリティ10大脅威 2021」が決定 - 研究者が注目した脅威は?
2020年3Qフィッシング、前四半期の約4分の3に - RSAまとめ
2020年2Qのフィッシング攻撃は3割減、国内ホストは32件 - RSA調査
2020年4Qのインシデントは1割減 - マルウェアサイトは倍増