Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Emotet」を追い詰めた「Ladybird作戦」 - 攻撃者がバックアップ保有の可能性も

8カ国の法執行機関が連携し、マルウェア「Emotet」のインフラについて停止に追い込んだ。3台あるメインサーバのうち、2台が運用されていたオランダ警察は、「Ladybird」と名付けた今回の作戦について説明した。

オランダ警察では、「Emotet」について2019年7月より捜査を開始。同マルウェアのインフラに侵入して調査を進めていたが、一気に攻撃インフラを解体に追い込み、再建を防ぐため、法執行機関の連携による「Ladybird(テントウムシ)作戦」を展開した。

「Emotet」のインフラは数百台規模で構成され、感染の拡大や既存感染者に対するマルウェアの配信にくわえて、捜査の妨害などにも利用されていた。

各国の法執行機関は一斉にハードウェアやサーバ、ネットワークキャリアなど「Emotet」のインフラについて捜査を展開。ボットネットを制御するメインサーバを押収した。メインサーバ3台のうち、2台はオランダで稼働。もう1台は同国外で運用されていたという。

(Security NEXT - 2021/01/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

JSAC 2021の「ベストスピーカー賞」が選出 - 講演動画も公開中
ウイルス届け出、前年比73.4%増 - 「Emotet」など被害も
「Emotet」感染後の対応、「駆除」だけでは不十分
政府、ISP経由で国内Emotet感染者に注意喚起
2020年の緊急対応支援、3割強が「Emotet」 - ラック
「Emotet」で10億円以上荒稼ぎか - インフラ維持に5000万円
2020年4Qの標的型攻撃メールは16件 - 目的不明のバラマキ不審メールも
欧米警察が協力、「Emotet」をテイクダウン - 被害チェックサイトも
「Emotet」相談、引き続き高い水準 - 偽脅迫メールは増加
JNSAが選ぶ2020年10大ニュース、気になる1位は……