Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

欧米警察が協力、「Emotet」をテイクダウン - 被害チェックサイトも

国内外で猛威を振るう「Emotet」だが、欧米の法執行機関が協力し、同マルウェアの攻撃インフラを停止させたことがわかった。感染被害者のデータなども押収されている。

EuropolとEurojustによる調整のもと、オランダ、ドイツ、米国、イギリス、フランス、リトアニア、カナダ、ウクライナの法執行機関が協力。「EMPACT(European Multidisciplinary Platform Against Criminal Threats)」のフレームワークのもと作戦を実行し、数百台規模で構成される「Emotet」のインフラについて制御を奪取。ボットネットを停止させた。

「Emotet」は、2014年ごろより活動を開始したマルウェア。メールの添付ファイルなどを通じて感染を広げ、さらに2019年ごろからは、メールの返信に見せかけた手口で感染を拡大。国内でも被害が確認されている。

登場当初は不正送金マルウェアとして知られていたが、その後はサイバー犯罪のインフラとして活動。自身の感染拡大だけでなく、ダウンローダーとして動作し、「TrickBot」や「Ryuk」など、他不正送金マルウェアやランサムウェアの感染も引き起こしていた。

(Security NEXT - 2021/01/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

JSAC 2021の「ベストスピーカー賞」が選出 - 講演動画も公開中
ウイルス届け出、前年比73.4%増 - 「Emotet」など被害も
「Emotet」感染後の対応、「駆除」だけでは不十分
政府、ISP経由で国内Emotet感染者に注意喚起
2020年の緊急対応支援、3割強が「Emotet」 - ラック
「Emotet」で10億円以上荒稼ぎか - インフラ維持に5000万円
2020年4Qの標的型攻撃メールは16件 - 目的不明のバラマキ不審メールも
「Emotet」を追い詰めた「Ladybird作戦」 - 攻撃者がバックアップ保有の可能性も
「Emotet」相談、引き続き高い水準 - 偽脅迫メールは増加
JNSAが選ぶ2020年10大ニュース、気になる1位は……