Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2020年3Qフィッシング、前四半期の約4分の3に - RSAまとめ

RSAは、2020年第3四半期におけるグローバルの脅威状況を取りまとめた。フィッシング攻撃は前四半期から約4分の3の規模に縮小したという。

RSAが同社不正対策指令センターにおける観測状況をまとめたもの。フィッシング攻撃は約1万5000件となり、前四半期の約2万1000件から減少した。

同四半期にもっともフィッシング攻撃の対象となった国は「カナダ」で、全体の56%を占めた。「インド」「オランダ」が各8%で続く。一方、フィッシング攻撃がホストされたISPを国ごとに見ると引き続き「米国」が最多で52%。一部大規模事業者に集中しているという。次に多い「ドイツ(5%)」と大きな差が開いた。

同四半期に日本でホストされたフィッシングサイトの報告数は58件。7月と8月がそれぞれ29件で、9月は報告がなかった。2020年3月に67件と急増を見せたが、その後は減少傾向にある。

またフィッシング以外の不正行為としては、「不正なモバイルアプリ」の観測件数が約1万8000件と目立った。サービスが停止した公式アプリストアにおいて、再開時に削除した不正アプリが再度意図せず公開するミスがあったことなどに起因していると見られる。

お詫びと訂正:本記事初出時の記載より、フィッシングの件数などを修正しました。ご迷惑をおかけした読者、関係者のみなさまにお詫びし、訂正いたします。

(Security NEXT - 2021/01/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシングサイト、4月だけで1万件超 - 「au」の悪用報告が4.5倍に
2021年のフィッシング報告、後半に増加 - 狙う業種は「金融」から「通信事業者」に
ランサム攻撃に2割が支払い、4割は復旧できず
2022年1Qのインシデント、前四半期から15.2%減
2021年の不正アクセス認知は1516件 - 前年から約46%減
重要インフラ事業者に情報共有求める、鍵となる10要素も - CISA
フィッシングURLやブランド悪用が過去最多 - 報告は8万件超に
フィッシング検知、年末年始や年度替わりに増加傾向
ソフト全般「脆弱性」対策の必要性、PC利用者で約6割が認知
「情報セキュリティ10大脅威 2022」の組織編含む解説書が公開