Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

30〜40代、3割超がネットトラブル経験 - ネットリスク理解8割

回答者自身が体験したトラブルとしては、ワンクリック詐欺やマルウェアによる不当請求が9.1%、マルウェアの感染が8.5%だった。

また「ネット取り引きで粗悪品が届く(5.2%)」「不適切な投稿や書き込み(4.2%)」なども経験。ただし、今回の調査においてトラブルに「スマホの過度な使用による生活や体調の支障(10.7%)」といった設問も含まれている点に留意する必要がある。

SNSにおける誹謗中傷や詐欺行為、オンラインショッピングでのトラブルなど、インターネットのトラブルに関するニュースを見て不安を感じ、9.7%が対策商品やサービスを購入。29.2%が関連情報を調べるなど対応を行っていた。

また40.1%は不安を感じるものの対策が思い当たらず、9.4%は不安を感じるものの、対策を不要と考えていた。11.6%は特に不安を感じていなかった。

(Security NEXT - 2020/12/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

小規模サイト、約1割「一切脆弱性対策せず」 - 対策不備で2割が被害経験
シニアの25%がフィッシングに遭遇 - 4割強が相談相手いない
委託時のセキュリティ責任、「知識不足」で不明瞭に
2018年の「架空請求」に関する相談は約23万件 - 封書を使う手口も
過去1年に1.5%がクレカの不正利用被害を経験 - 平均被害額は3万8733円
約3人に1人がマルウェアなどの被害を経験 - カスペまとめ
ネット利用者の4人に1人は対策未実施 - 不安は「個人情報流出」約8割で最多
過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
迷惑メールの相談件数が増加傾向、60歳以上が4割
子どもの4人に1人がSNSでトラブル - 不正ログインや架空請求も