Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

30〜40代、3割超がネットトラブル経験 - ネットリスク理解8割

子を持つ30代から40代にインターネットのトラブル経験を尋ねたところ、3人に1人が「ある」と回答した。

ジェイコム少額短期保険が、11月2日から4日にかけてアンケート調査を実施し、結果を取りまとめたもの。小学校高学年から中学生の子どもを持ち、両親が存命でそれぞれインターネット利用頻度が週1回以上である30代から40代の男女544人が回答した。

インターネットの活用方法、利便性、危険性などについて理解していると思うか聞いたところ、回答者自身については82.3%が「理解している」と回答。一方子どもについては「理解している」が43.4%だった。また両親については51.1%が「理解している」と答えた。

33.9%が回答者自身でインターネットのトラブルを経験したことがあると回答。31.2%は周辺においてトラブル経験があった。また子どもがトラブルを経験した回答者は22.3%。また21.6%は両親がトラブルを経験。全体の87.9%がトラブルを身近なことと感じていた。

(Security NEXT - 2020/12/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

小規模サイト、約1割「一切脆弱性対策せず」 - 対策不備で2割が被害経験
シニアの25%がフィッシングに遭遇 - 4割強が相談相手いない
委託時のセキュリティ責任、「知識不足」で不明瞭に
2018年の「架空請求」に関する相談は約23万件 - 封書を使う手口も
過去1年に1.5%がクレカの不正利用被害を経験 - 平均被害額は3万8733円
約3人に1人がマルウェアなどの被害を経験 - カスペまとめ
ネット利用者の4人に1人は対策未実施 - 不安は「個人情報流出」約8割で最多
過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
迷惑メールの相談件数が増加傾向、60歳以上が4割
子どもの4人に1人がSNSでトラブル - 不正ログインや架空請求も