Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新型コロナ患者情報を無関係パンフに誤添付 - 福岡市保健所

福岡市において、配布するパンフレットに新型コロナウイルス感染症患者の個人情報含む資料が混入する事故が発生した。

同市によれば、食育協力事業者の店舗を紹介するパンフレット1部に、個人情報が記載された資料1枚を誤ってホッチキスで留め、早良保健所のパンフレット置き場に設置するミスが11月17日に発生したもの。

問題の資料には、新型コロナウイルス感染症患者21人のカタカナ表記の氏名、性別、年齢、入退院情報、病状などが記載されていた。

11月19日に来所者がパンフレットを持ち帰り、同月30日に個人情報を含む資料に気づき、保健所に連絡。保健所では、判明した同日に資料を回収。対象となる患者に電話で連絡して説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2020/12/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

大学生応援飲食券のアンケートメールで誤送信 - 美浜町
愛知県、コロナ患者情報誤公開で懲戒処分 - 作成から公開まで1人で担当
コロナ患者の個人情報が風に飛ばされ紛失 - 神奈川県
個人情報含むメールを誤って別の事業者に送信 - 東京都
ファイル取り違え、ワクチン接種予定者リストを誤送信 - 埼玉県
新型コロナ関連の情報流出で職員処分、経緯は明らかにせず - 新宮市
新型コロナ陽性患者リストを誤配送 - 神奈川県
複数自治体で新型コロナ患者情報の誤送付が発生
新型コロナ拡大防止協力金申請者情報が流出 - 神奈川県
新型コロナウイルス患者の氏名をサイトに誤掲載 - 埼玉県